» 総務Iのブログ記事

総務Iです。 またも YouTube 動画っぽいタイトルですね。

 

前回出てきたダイソーの 300円 スピーカーの改造です。

といっても基本的にスピーカーは門外漢なので、ネットで拾った適当な知識でやってしまいます。

2回にわけるほどでもなかったのでちょっと長いです。すみません。

 

このスピーカー、エンクロージャー容量と吸音材をちゃんとすればもっと音が出るようなので、

バラしてユニットを乗せ換えます。

何かの工作に使おうと取っておいた、高級塩コンブの入っていた箱。

ちょうど良さそうなので、これをエンクロージャーにします。おあつらえ向きに2つあるし。

 

まずはスピーカーを全バラ。アンプの配線も一回全部外します。

中央のちっちぇー基板がアンプ回路です。

付属のフタは弱そうだったので、12ミリ厚の合板に丸穴を開けてユニットを取り付ける

ことにします。箱の内側にはお魚の水槽のろ過器用のウールを貼り付けます。

空気が抜ける穴をあける「バスレフ型」と穴の無い「密閉型」があるらしいです。

よくわからんので密閉型でいきます。余分に穴開けるのがめんどくさいだけでしたが。

 

ニスを塗りくみ上げる。別のアンプでも使えるようにターミナルを付けてパッシブ化。

もちろんニスもダイソーで買ったもの。

 

元のアンプの配線を直して接続して聴いてみる。



この時点で素人耳でもわかるレベルで音質改善。高音低音ともに以前よりクリアになりました。

というか、しっかり出てると思ってた中音域すらこもってたんですね。

この時点で素のままではどっちもどっちと書いた 1,000円程度のマルチメディアスピーカーには

勝っています。

ここのアンプ(5年以上前の記事ですみません。)でも試してみましたが、さらに音はよくなります。

元々のアンプも少し力が弱いようです。

 

個人的には気に入ってますが、加工の手間とか費用とか考えると、ここまでの改造はお勧めはしません。

まあロマンの世界ですよね。

 

総務Iです。タイトルがつまらない YouTube 動画みたいですね。

 

最近みつけて衝撃を受けた YouTube チャンネルに「chありじゃむ」があります。

  • 「ふえるわかめ」を大量に食べたゴキブリに缶チューハイを飲ませたらめちゃくちゃ吐く説。
  • 砂に潜れない「アリジゴク」に大量のアリをけしかけたら、ありえない展開になった・・・! 編

などなど。虫がダメな人は見ない方が良いです。

さて、それとは全く関係なく本題に入ります。

 

・VRゴーグル 500円

携帯電話をセットして使うVRゴーグル(後ろ取っ散らかっててすみません)。

比較対象になるちゃんとしたやつ(2,500~3,000円くらいする)を持ってないので

評価しづらいです。造りは割とそれっぽいです。

レンズの左右の間隔と前後の位置が調整できる点などは良いんですが、肝心のレンズが

安っぽくて特別見やすいということはないです。

艶系ビデオを除けばこの数年でコンテンツが充実したわけでもないジャンルですので、やっぱり

すぐ飽きます。そういう意味ではこれでも良いのかなと思いました。

 

・Bluetooth 防滴スピーカー 600円

風呂で音楽やラジオを聴く、その1点の為だけのものです。その目的がこの価格で実現できる点は

最高です。音量の操作はかなりやりにくいです(曲がスキップしてしまう)。

そして音質は悪いです。

防水でなく防滴なので風呂に沈没させると多分壊れます。そして吸盤は過剰に信頼しない方が良いです。

 

・ミニスピーカー 300円

去年くらいからやたら持ち上げられてるスピーカーです。

割としっかりしたスピーカーユニットらしく、このユニット2つとアンプ回路合わせて300円は

すごいです。中音域はパワフルでしっかり出るんですが、高音低音とも今一つ、全体的には

にぶい目の音ですかね。エンクロージャーの問題かもしれません。

液晶ディスプレイ付属のスピーカー程度相手なら300円の勝ち。1,000円するかしないかみたいな

マルチメディアスピーカー相手なら…どっちもどっち。USB 給電なのでモバイルバッテリーでも

動作させられます。

改造素材として人気みたいなので、そのうち改造してみたいと思います。

 

変な無駄遣いをしてしまったのでせめてブログのネタにしてみました。

 

 

総務Iです。

xbox は何一つ持ってませんが、xbox 360 コントローラーを買いました。

同じ Microsoft ということで、xbox のコントローラーは Windows パソコンとも

親和性が高いのでパソコンにつなげればいいかなと。

デカデカと貼られた「動作不良」、880円なり。

買う時点でこれ以上の情報は無いので、これがゴミになるか再生できるかは

勘に頼るしかありません。

  • 「動作不良」と書いているので動作チェックはしたはず
  • 「不動品」とは書いてないので、認識・一部動作はするはず
  • 「××ボタンが効きません」とか書いてないので、アナログスティック系の不具合では

アナログスティックの不具合はたいてい掃除で直ります。

WiiUパッド、Joyコン左右(Switch)、サードパーティー製コントローラー(Switch)、

DUALSHOCK4(PS4)で経験あり。

 

実際持ち帰ってパソコンに接続したところ、ちゃんと認識しプッシュボタン系は全部動作。

左のアナログスティックが若干不良?くらいの感じでした(正直わからんレベル)。

ま、ガワも綺麗にしたいので、どのみち分解メンテです。

 

というわけで全バラ。細かい部品は超音波洗浄機で一気に洗浄。

このコントローラーは分解難易度が低くて楽です。

 

アナログスティック。隙間に無水エタノールを流してグリグリ、エアーダスターで

飛ばしたら今度は隙間にコンタクトスプレーを吹いてグリグリ。これでたいてい直る。

(部品自体を交換する手もあるんですが、任天堂Swtichと違って半田付けされているので

結構大層な作業になるんであまりやりたくない)

 

組みなおしてキャリブレーション&再チェック。ちゃんと動いているっぽい(正直わからん)。

Minecraft for Windows10 だけはあるのでそれで試した限りでは完全動作。

ガワもそれなりに綺麗になって満足。とりたてて使い道がないのが残念なところです。

 

 

総務Iです。

京都の緊急事態宣言が延長されてしまいました。

そのうち旅行でも…などと考えていたのが一昨年後半くらいのことですが、まだまだ無理そうですね。

 

仕方が無いので Trivago(トリバゴ)というホテル比較サイトで検索だけして遊んでいます。

そこで気付いたんですが、京都市内に1泊の料金が二千円台のビジネスホテルがちらほらとあります。

(※曜日とかどのくらい先かとか条件によります)

外国人観光客が死ぬほど押し寄せてた頃に増やしたホテルが、今は余ってしまっているんでしょうか。

 

二千円台とか、ヘタをすると「ご休憩3時間までxxx円」系のホテルより安いやん。

ただ本当に二千円台できちんと泊まれるのかとても気になるところ。

何かあったときに1週間くらい避難するのにも使えそうですので、試しに今度週末にでも

泊まってみようかなどと考えています。

 

さあ出掛けよう、おにぎり、ビール、おつまみカバンに詰め込んで

あ、何か楽しそう…。

 

 

総務Iです。

前々回前回と家のPCのキーボードとマウスについて書きましたが、またその続きです。

いい加減このシリーズは今回で終わりたいと思います。

さて、結局キーボードもマウスもまた買いなおしました。

どっちもAmazonで売ってるやつです。

キーボードは今回はちゃんとメカニカルです。但し、Razer とか Logicool とかのやつは

1万円超えるので、Amazon 限定のよくわからんメーカーのやつです。

タイムセールとクーポンで4千円くらい。

メカニカルキーボードってちゃんと使ったことありませんでしたが、打感はかなり良いです。

むしろ仕事用に欲しい。カチャカチャうるさいですが。この金額ならメカニカル入門用に最適です。

 

「ゲーミング」と銘打ってあるので、画像のように光ります。点滅も出来ます。

見た奥さんが「前より派手やな」というくらい派手です。もう派手派手だ。

 

 

マウスは前の奴で特に不満はありませんでしたが、サイドボタン(ブラウザ進む)をカスタムして

「ctrl + w (タブ閉じる)」にしたら思いのほか便利だったので、多ボタンマウスを買ってみました。

このマウスは全てのボタンを専用ソフトでカスタムすることができます。

  • 「ctrl + w(タブ閉じる)」
  • 「ctrl + shift(押しながらクリックでリンクを新しいタブで開いて移動する)」
  • 「ctrl + tab(右のタブへ)」
  • 「ctrl + shift + tab(左のタブへ)」

このあたりをボタンで組み込んで使ってますが、とても快適です。マウスカーソルの移動量、めっちゃ減る。

蜘蛛が光るダセェ中二病的センスに目をつむれば、このマウスは安いのでお勧めしたいです。

 

横着しないで適当に左手を使えば済むんですが、家でPC見るときなんて椅子にのけぞり気味が多いので

右手だけで完結できることが多いと楽なんですよね。

世の中には「左手用キーボード」とか「プログラマブルテンキー」というデバイスもあるので、

このあたりも検討してみようかな。

 

 

総務Iです。

前回キーボードを変えたことを書きましたが、マウスも変えてみました。

ゲーミングマウス、Aliexpress で 270円でした。

届くまでにやっぱり3週間くらいかかりました(頼んだことを忘れかけていました)。

 

そもそもゲーミングマウスの定義がよくわかりません。ゴツゴツしててよくわからないボタンが

ついてて、そして光るやつ、そんなものをゲーミングマウスと呼ぶんでしょうか。

このマウスも上弦の参(煉獄さんの仇)みたいな線と竜の顔が明滅します。そしてよくわからない

ボタンがいくつかついています。

 

左ボタンのさらに左の銀色も実はボタンなのですが、このボタンは左ダブルクリックボタンです。

もしかしたら連射してるかもしれません。説明書も何もないので不明です。

この1クリックでダブルクリックしてくれるボタンは実は結構便利で、職場のマウスにもちょっと

欲しい機能ではあります。

側面の2つの銀色はブラウザの「進む」「戻る」ボタンで、ゲーミングでなくても搭載している

マウスがたまにありますか。このボタンもあると結構便利です。

ホイールの近くにあるのは DPI ボタンです。押すとマウスの移動量が変わります。

 

僕はそもそも PC でアクションゲームをやらないので、普通に使って使いやすいかどうかでしか

論じられませんが、特段使いにくいということはないです。

何千円も出してまで買う気はしませんが、これで 270円なら結構満足です。

 

さて、年内の僕のブログ担当はこれが最後になります。今年もありがとうございました。

良いお年を、と言うにはまだ早いので、ステイホームで素敵なクリスマスを、ということで

締めておきます。

 

ゲーミングキーボードとゲーミングマウスのイルミネーションでメリークリスマス。

 

総務Iです。

家のPCのキーボードを光るやつにしてみました。

コンピュータ用のキーボードですが、世の中にはものすごくこだわる人と

まったくこだわらない人の2種類しかいないのではないかと思います。

ちなみに、僕はまったくこだわらない派です。よってこれは見かけだけゲーミングキーボードに

見せかけた「なんちゃってゲーミングキーボード」です。

普通「ゲーミングキーボード」はメカニカルキーボードですが、これはメンブレンキーボードです。

だからめちゃくちゃ安いです。2,000円くらい。

明滅速度と色が多少変えられて面白いんですが、肝心のキーボードとしての性能は

正直微妙です。なんというか、へにゃへにゃの打感です。

キーボードにはこだわらないと書きましたが、これはつらい。

やっぱちゃんとしたメカニカルキーボードが欲しいかも。

 

というか気持ち的にはもう買い替えたい。Amazon で 4,000円くらいからメカニカル売ってるやん。

こいつは共用パソコンで毎年クリスマスの時期だけ使う用キーボードにしようかな?

 

この前「鬼滅の刃」の映画を見てきました、総務Iです。

「吉田製作所」は先に言われてしまったので、「熊五郎お兄さんのDIY」に

しておきます(何が?)。

 

前回の続き、マイクロゲーム機を作ります。というより出来ました。

「スイッチオーン!」「ちゅちゅちゅいーん!」「ダメです!」

出来たと思ったらマイコンの VCC を配線していなかったトラブルがありましたが完成。

 

7cm×5cmのユニバーサル基板に全部の部品を実装しました。

裏面にダイソーのカラーボード(スポンジボード)をくっつけときます。

むき出しでは手が痛い&配線切りそう&安物の基板が折れそうだからです。

抵抗器は手持ちと買ったものが混在、カーボンと金属皮膜が混在し統一感がありません。

回路図にはいちいち書いてないので独自でパスコンとスイッチを付けました。

「テトリス」を書き込んでみましたが、操作性はクソ悪いです。使ったタクトスイッチが

固すぎたのもありますが、左右移動で思ったとこに入りません。テスト時の「インベーダー」

の方が良かったです。

 

伝わらないかとは思いますが、このハードウェアの設計はすごいです。

attiny85 というマイコンは足が8本しかありません。

この内 VCC(電源+) と GND(電源-) で2本、液晶のクロックとデータで2本、

音を出すためのブザーで1本、合計5本使ってしまいます。

方向ボタンが上下左右で4つ、アクションボタンが1つ、合計5つの入力項目に対して

残りの足が3本、どう見ても足りません。

この3本にアナログ入力ピンを温存して、方向ボタンについては抵抗器を挟んで2種類の

抵抗値を作って1ピンで2入力を検知しています。

ゲームのプログラミング側もすごいです。多分性能と容量をいっぱいいっぱいまで

使い切ってると思います。

そのあたりがよくわかんない人(僕も含まれる)でも作ることは可能です。

そして作って見せびらかせばドヤれます(そうかぁ?)。

残念ながらゲーム自体はすぐ飽きてしまいました。

 

最後にもう1回このゲーム機のサイトを紹介しておきます。 Tinyjoypad

気になった人はチャレンジしてみて下さい。

 

総務Iです。

時代は令和ですが、携帯型ミニテトリスが新発売されたようです。

※ゲームテック社「テトリス ミニ」

USB充電型になっているんで仕方が無いかとは思いますが、1,500円は結構なお値段かと。

 

僕は違う方法でアプローチしてみたいと思います。 → Tynyjoypad

ワンチップマイコンと超小型液晶、その他パーツを集めて自分でハードウェア側を作り

そこに無料配布されているゲームを書き込みます。

マイコンは attiny85 というチップを使います。Atmel 社のマイコンで、ブートローダーと

スケッチを書き込んで Arduino化 することが出来ます。

パーツは「秋月電子通商」なんかで通販で購入できますが、送料も含めて割高になるので

全部 AliExpress で個人輸入します。

 

AliExpress で材料を揃えれば 1,500円 でお釣りが来ます。

マイコンの書き込み(Arduino化)に Arduino が必要だったり、書き込み・テスト用に

ブレッドボードが必要だったりを言い出せば、それらを持ってる前提にはなります。

それも含めて AliExpress で買っちまうのもアリですが、それは流石に1,500円で足が出そうです。

半田付け工具も一通り必要です。

 

1ヶ月ほど前に発注したものが次々と届く。しょっちゅう中国郵政(チャイナポスト)の

封筒が届く我が家は、そろそろ謎の集団ギフハブに目を付けられている頃かもしれません。

 

ブレッドボード上でのテスト風景。インベーダーゲームが動いてます。

 

続く。

 

総務Iです。

連休に近場で奈良の大仏を見に行ってきました。

 

天気も良く人出もそれなりに。

妻同伴なので「京都を巡る」シリーズ的な感じはあんまり、無い。

 

鹿は人に慣れきっているので、すれ違いざまに頭を撫でても驚きもしません。

鹿の毛はけっこうバサバサです。

鹿せんべいを持っていると知るや群がる鹿。

順番にやろうとしますがもらえない鹿が服をかじってひっぱって催促するので、

鹿のヨダレだらけにされました。

 

東大寺近辺はどこも行列で昼食が食べられませんでした。

結局2時を回って近鉄奈良駅の近くの商店街で昼食に。

天ぷらそばでしたが疲れ切ってて写真撮るのも忘れました。

瓶ビールはしっかり飲みましたが。

 

一人で京都巡りのときは昼食を中心に計画するのでそんなことにはならないんですが、

今回はちょっと雑な計画になってしまい反省。

 

タレントの丸山桂里奈さんが最近結婚されました。そのお相手に似ていると

昔よく言われました。昔ね。総務Iです。

 

前回の続きです。購入したマザーボードセットでコンピュータを組み立てました。

セットはマザーボード、CPU、メモリです。それ以外はほぼ手持ちでどうにかなりそう

ですが、CPUクーラーだけがどうしようもなかったので新品調達。

クーラーでけぇ。

 

最終的な構成。CPU に GPU がないのでグラボが必要。グラボはかなり以前のもの。

「映像が出れば良い」レベルの最低ランクのものです。

  • マザーボード:(NB)
  • CPU:Intel Xeon E5-2620
  • メモリ:8.0 GB(ECC REG)
  • CPUクーラー:Cooler Master H412R
  • グラフィック:GeForce 210
  • ストレージ:120GB SSD(SATA3)+ HDD 500GB
  • 光学ドライブ:DVDスーパーマルチ
  • 電源:覚えてない、多分500Wくらい

 

起動時もマザーボードのメーカーロゴとか出ず。いきなり AMI(BIOSの会社)のロゴのみで起動。

とりあえず BIOS 画面が出た時点で安堵。アリエクで初期不良交渉とか無理ゲー。

SSD に既に入っている Windows10 がそのまま起動するだろうと思ったんですが、結局

修復セットアップすることに。

普通にパソコンとして動く。CPUもちゃんと12スレッドで動作。

それなりの CPU で組まないとなかなか見れない画面。感動。

 

CPU-Z で確認。マザーのモデル名とかは出ないけど、チップセットはちゃんとX79で

フェイク無し…だよね?

 

Cinebench R20 で計測して、最近買ったメイン(i5-4440)が1,100 くらいに対して 1,200 くらい

出てる。スコア自体は低レベルでこれでゲームはかなり厳しいですが、オフィス系ソフトや

Youtube視聴、iTunes 程度なら全然問題なく動く。

 

メインのパソコンをこれで組めば良かったかもと思いながら、今更入れ替えも面倒なのでこのまま

共用(主に妻用)パソコンにする。

ざっくり見るとLGA1151(第9世代)のマザー、Core-i3、DDR4メモリ 8GB で2万2~3千円くらいで

揃えられます。一方このセットとCPUクーラーで 1万円くらいかかってますので、どっちが幸せかと

問われると悩ましいところです。

 

まあこれ買う理由は「ロマン」ですよね。実はこのパターンでデュアルCPUのマザーボードセットも

売ってたりします…。家にはもう人数分パソコンあるんで必要ないですが、組んでみたい気がします。

 

 

総務Iです。

珍しく Aliexpress で見た瞬間「欲しい」となった商品がこちらです。

「X79 マザーボードセット」です。

 

コンピュータ用のマザーボード、CPU、メモリモジュールがセットになっています。

マザーはノーブランドの様です。

CPU はインテルの Xeon E5-2620 というプロセッサで、これは主にサーバー用に使用されます。

クロック周波数は 2.0GHz と低いですが、6コア12スレッドと無駄に豪華です。

LGA2011 という結構古い規格です。

マザーボードは新品ですが、CPU とメモリは中古(リワーク品)です。

恐らく不要になった古いサーバーから回収したものでしょう。セットで時価約7,200円。

もう1,000円出せばメモリ 16GB のセットもありました。そっちを買って 8GB 分を他に

流用すれば1粒で2度美味しいじゃん、となりそうですが、このメモリは ECC 付きなので

普通のパソコンに流用しても動かない可能性が高いです。

 

注文から待たされること約4週間、モノがやっと届きました。

標準の無料発送を選んだからマレーシア経由で送ってきやがりましたが、4週で

届けば Aliexpressでは上等の部類です。

 

中国からの郵便はいつもこの色の袋。

 

ブランド名無しのもっさい段ボール入り。

 

CPUは最初からスロットにセット、メモリはエアキャップで巻くだけの簡易包装。

ケース用バックパネル、SATAケーブル、AMDタイプの CPU クーラーを取り付ける

ためのブラケットが付属。紙の説明書とか一切なし。

 

商品説明ページの画像で自分でどうにかしろという世界。

まあ、どうにか出来るんですが。

メモリは黄色スロットから使え」という、結構大事な情報も現物には何も表示なし。

 

輸送上の問題で CMOS 用のボタン電池は付属しません。自分で入れます。

 

これで1台組んで、Windows10 を入れて見たいと思います。続きはまた後日。

 

 

総務Iです。

この前ハードオフで10年もののネットブックを買いました。



ASUS のネットブック、EeePC 1005PE です。

メモリやHDD、ACアダプタ等は揃っており、店の簡易チェックでは BIOS に入るまでは

確認できているとのことで、税込 3,300円でした。但し HDD の中身は完全に消去済み。

 

余談ですが ASUS はブランド名で、製造元としては ASUSTeK が正式名称になります。

ASUS 部分を「何て読むねん論争」はオールド自作ユーザー間では有名で、僕は「アスース」

でしたが、「エイサス」「エイスース」「アサス」等諸説色々ありました。

現在はメーカーより正式に「エイスース」で統一されています。

 

  • CPU:Intel Atomプロセッサー N450(1.66GHz)
  • メモリ:1GB(最大2GB)
  • HDD:160GB

勢いで買ってしまいましたが、このスペックを後で冷静に考えるとちょっと高かったかも。

 

発売時には「Windows7 starter」という OS が入っていたようで、プロダクトID が書かれた

ラベルが本体にそのまま貼付されています。この ID で Windows10 をセットアップしたら入りました。

が、重すぎて実用に耐えられそうにありません。

★ Puppy Linux 日本語版 → ライブ起動時点で Wifi アダプタ認識せず → ×

★ Q4OS(Linux系) → 思ったほどには軽くなかった&馴染めない → ×

 

結局「CloudReady」という ChromeOS を入れましたが、やっぱりちょっと重いです。

 

そんなことをして遊んでいたら、たまに見ている Youtube 「コジコジのオタク文化 情報局」に

ほぼ同じようなネタが。 https://www.youtube.com/watch?v=AknQ6HyNPU0

 

何かネタをパクったような感じになってしまいましたが、僕の購入は7/5、動画の投稿は7/15で

完全に偶然です。

今度「Lubuntu」か「Xubuntu」入れてみようかな…。

 

総務Iです。

電源投入から10分くらいは放置しないとまともに使えない、昔のコピー機みたいな

パソコンを見限って、中古のパソコン買ったよ。

  • マザーボード:GIGABYTE GA-B85M-DS3H
  • CPU:Intel Core i5 4440(LGA1150、第4世代)
  • メモリ:8GB

これに500GBのHDD、DVDスーパーマルチドライブ、Windows10 と WPS Office の

ライセンスがついて送料込みで12,000円ほど。全てセットアップ済みで即使用可モデル。



「UNITCOM」とかラベルが貼ってあるので、元はパソコン工房のBTOかな?

微妙なスペックですが、現行は

  • マザーボード:AsRock H55M-LE(SATA2 まで対応)
  • CPU:Intel Core i3 540(LGA1156、第1世代)
  • メモリ:4GB

なので、CPU処理力は2~3倍に、メモリは2倍に。また、マザーボードが SATA3 に

対応しました(ここも割と重要)。

更にストレージを SSD 240GB に換装。他人がインストールした OS は怖いので、

ディスクはクローンせずに Windows10 は自分で新規セットアップ。

(Winsdows10 のライセンスはあらかじめ自分の Micrososft アカウントに紐づけしておきます)



手持ちの HDD 1TB をデータ保管用に、あとDVDスーパーマルチを外して

BDドライブをセット。

爆速&快調でゴキゲン。ライトユースなら全然このスペックでも戦えます。

最終的に

  • マザーボード:GIGABYTE GA-B85M-DS3H
  • CPU:Intel Core i5 4440(LGA1150)
  • メモリ:8GB
  • ストレージ:SSD 240GB(新品) + HDD 1TB(手持ち)
  • 光学ドライブ:BDドライブ(手持ち)
  • ケースと電源:知らん

今回の出費は17,000円ほどでした。Windows10(Pro) と WPS Office もついてこれなら

まずますでしょ。これでまだしばらく戦うつもりです。

 

総務Iです。

今日のテーマはこれ。

Xenoblade Definitive Edition(ゼノブレイド ディフィニティブ エディション)。

任天堂Switch用ソフトとして、5月29日に出たゲームです。

もともとは任天堂Wii用ソフトとして過去に発売されたもののリメイク版です。

Wii用ソフトとしては購入していませんので、初プレイです。

僕は Xenoblade X(ゼノブレイドクロス)(任天堂WiiU)を250時間超、

Xenoblade 2(ゼノブレイド2)(任天堂Switch)を450時間超プレイ、どちらもDLC・

サウンドトラックまで買ってしまってますんで、ひと月前から予約して買ってしまうのは

当然の流れなんですが、発売から2週間ほどですでにこのプレイ時間。いろいろおかしい。

 

ちなみに主人公「シュルク」は「大乱闘スマッシュブラザーズSPECIAL(任天堂Switch)」、

「ゼノブレイド2(DLC)」にも登場しています。

お使い、素材集め、図鑑埋め、マップ埋めで膨大な時間を取られる典型的

時間泥棒ゲームです。

 

おおっぴらにお出かけ出来るのはもうちょっと先になりそうなので、もうしばらくは

敢えて時間を盗られてみようかと思います。

 

総務Iです。

外出自粛生活の産物。

この期間に作ったガンプラ、左から「ジム」「ガンダム」「ズゴック」。

部分塗装とスミ入れのみで製作。

 

ガンダムは昔作ったのがあるんですが、型が変わったらしいので作ってみました。

左側が古い型、右側が新しい型です。古い方は全面塗装しています。

新しい型では合わせ目やゲート跡がほぼ出ないように設計され、肘膝は

2段関節により可動域が大幅アップで色んなポージングが楽しめます。

比較記事

新モデルは小顔、手足がほっそり。好みの問題でしょうが、フォルムは

旧モデルの方が格好良い気がします。

 

ズゴックの爪。元の状態はバンダイさんの安全基準でダルダルの爪ですので、

削って尖らせてあります。

 

老眼で細かい作業はつらいです。

家でゲームしたりプラモデルを作ったりも良いんですが、

自由に好きなところに外出できる生活が早く戻ってきて欲しいですね。

 

総務Iです。

前回アジをさばいたと書きましたが、今回はハマチが手に入ったのでさばいてみました。

ハマチ君です。一緒に写っている普通サイズの三徳包丁でさばきます。

 

盛り付け雑ゥ~。

キューピー3分クッキング並みに一気に最後まで。途中で写真を撮ってられないのもありますが、

この大きさの魚をさばくと途中は結構スプラッターな感じなので撮ってても使えないかな。

 

頭と中骨のところもカブト焼きとか出汁を取るとか出来るみたいですが、今回は中骨についた身を

スプーンでこそげて猫のおやつにしただけでした。

別に普通に頂けたんですが、もっと手際よく処理してきれいに盛り付ければより美味しく

頂けるんでしょうか…。

 

前回以上にさばくのにグダる。腕の悪さもさることながら、包丁が切れない。

前回のアジはもうちょっと小ぶりなやつだったんで大丈夫でしたが、今回のサイズは

三徳包丁ではダメやね。

そこでワイ、出刃包丁を買ってしまう。

刃渡り 16cm、刃厚 4mm、右利き用片刃の出刃包丁。次はこれでトライです。

 

ちなみにこのハマチは ¥380(税抜) でした。

 

総務Iです。

前から興味はあったがやってこなかったことを、家に籠っている今やってみた件。

 

① 魚を捌く

先日刺身用のアジが売り出し(店で調理しないから激安)だったので、自分で捌いてみました。

捌き方は Youtube で確認。ちょっとグダったところもありましたが、食べられるレベルでは出来ました。

事前に三徳包丁を砥いで挑みましたが、出刃包丁の良いのが欲しくなります。あと魚の骨抜くやつ。

② ミシンを使う

20数年前のモデルなので現物の紙の取説しかなかったですが、なんとかなりました。

上糸の通しはもちろんですが、ボビン巻きと下糸の交換も出来るようになりました。

でも縫うのはまだまだのようです。思った通りのとこ通りません。今度マスクでも縫ってやろうかと

思います。

 

あと、以前挫折した「オムレツを綺麗に作る」ってのもあります。「小屋を自分で建てる」が最終の

目標ですが、誰か土地くれないですかね?

 

なんか「最高の人生の見つけ方」のしょぼい版みたいですね。

 

Google の 動物AR で妻のとなりにトラを召喚して遊ぶの図。

 

総務Iです。

3月あたりに舞鶴に戦艦を見に行きたかったんですが、状況的に無理そうですね。

僕個人は家に居とけと言われればカレーを作ったりゲームをしたりして何とでも

暇をつぶせる人間ではあるんですが。

 

家にあったハイザック完成。

なにぶん古いキットなので色分けも甘いし変なとこに合わせ目来るし…。

とりあえず部分塗装だけして合わせ目はある程度妥協。

(10年弱作ってないので)リハビリ代わりに。あんまりうまく出来ず。

 



FAG と ザリガニが完成したのでブンドド。パチ組みだけなので楽&早い。

プラモデルをあと2体調達、ゲームの方も「ファークライ5」と「ファークライプライマル」を

中古入手し「ボーダーランズ3」を息子から借りたので、まだまだ立て籠っていられます。

 

そうは言ってもちょっと遠出もしたいですけどね。

 

総務Iです。

大体どこのご家庭にも1機はあるであろうガンダム、開発Tさんのお宅では

破壊されてしまったようですが、我が家の RX-78-2 は健在です。

 

見てると作りたくなるのがプラモデルですが、押し入れにずいぶん昔に

積み残したのがあるじゃないですか。

未開封。10年近く前の積み残し。

もう合わせ目消しとか全塗装とか面倒なので、スミ入れのみの素組みで作るか…。

 

作りたくなると新しいのが欲しくなるのがプラモデルの不思議なところ(そして積む)。

結局、買う。

「えっ、美少女フィギュアをプラモデルで!?」「できらぁ!

やべー世界に片足を入れた感。

 

「えっ、アメリカザリガニをプラモデルで!?」「できらぁ!

なぜこれをプラモデルにしようと思ったのか。

 

どっちもそんなに安くはなかったので、積まないつもり。

久々に物欲を開放してみました。

 

 

2021年4月
« 3月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

カテゴリー