» 本、漫画、ゲームのブログ記事

こんにちは。

総務Aです。

 

前回の続きです。

電子書籍第1弾として購入した漫画を紹介したいと思います。

 

 

最近話題になった「あれ」とは、

 

 

 

 

『鬼滅の刃』です。

 

1度は聞いたことがある方も多いのではないでしょうか?

以前、営業Yさんのブログでも少し取り上げられていましたね!

 

 

 

当時、19巻までしか出ていなかったので

19巻まとめ買いです。

「1-CLICKクリックで今すぐ買う」を押すと、すぐに購入決済となり、ダウンロードが始まります。

とても便利な反面、間違えて押してしまうと取返しが付かなくなるので、

何か探すときは、まずはログインせずに探した方が良いかもしれませんね。

 

 

ダウンロードが完了すると、いつでも読めるようになります。

 

物語を簡単に説明すると、

主人公である竈門 炭治郎(かまど たんじろう)が

仕事で外に出ていた時に鬼によって家や家族を襲撃され、

唯一の生き残りであり、鬼にされてしまった妹の禰豆子(ねずこ)を人間の姿に取り戻す。というお話。

人間の姿に取り戻すには、鬼の統帥を倒すこと。

 

話の中には仲間との出会い、

様々な敵(鬼)も出てきます。

鬼も元々は人間であり、人間であった時の生き様が描かれ

少しドラマチックになっています。

 

昨年にはアニメ化もされ、話題にもなりましたね!

私はアニメから入ったのですが、

先が気になりすぎて漫画を購入しました。

にわかファンです。

 

アニメは一区切りしたところで放送が終わりましたが、

映画やアニメでの続編もあるようです。

 

漫画も面白いのですが、アニメもすごく良いです!

鬼との戦闘シーンは漫画では複雑で見づらい箇所もあったのですが、

アニメでは演出がすごくて、とても見やすくなっています。

 

Amazonプライム会員であれば、

プライムビデオでアニメ全話観ることができます。

たまにYouTubeで挙がっている時がありますが、

著作権の問題ですぐに消されているかと思います。

 

個人的には3話目あたり(鬼殺隊試験らへん)から、

面白くなりだすので、気になる方は

1話だけでなく是非続きも観てみて下さい。

 

 

総務Iです。

今日のテーマはこれ。

Xenoblade Definitive Edition(ゼノブレイド ディフィニティブ エディション)。

任天堂Switch用ソフトとして、5月29日に出たゲームです。

もともとは任天堂Wii用ソフトとして過去に発売されたもののリメイク版です。

Wii用ソフトとしては購入していませんので、初プレイです。

僕は Xenoblade X(ゼノブレイドクロス)(任天堂WiiU)を250時間超、

Xenoblade 2(ゼノブレイド2)(任天堂Switch)を450時間超プレイ、どちらもDLC・

サウンドトラックまで買ってしまってますんで、ひと月前から予約して買ってしまうのは

当然の流れなんですが、発売から2週間ほどですでにこのプレイ時間。いろいろおかしい。

 

ちなみに主人公「シュルク」は「大乱闘スマッシュブラザーズSPECIAL(任天堂Switch)」、

「ゼノブレイド2(DLC)」にも登場しています。

お使い、素材集め、図鑑埋め、マップ埋めで膨大な時間を取られる典型的

時間泥棒ゲームです。

 

おおっぴらにお出かけ出来るのはもうちょっと先になりそうなので、もうしばらくは

敢えて時間を盗られてみようかと思います。

 

こんにちは。

総務Aです。

 

以前紹介した、ゲームの話より少し前になりますが、

土日はステイホーム中心なので、何かないか考えました。

 

自分なりにあれこれ考えていくと、読書にたどり着きました。

 

良い風に言うと読書。

少し視点を変えると漫画。

 

 

今から新たに漫画を買うのなら、紙ベースではなくて電子書籍の方が

置き場に困らないし持ち運びにも便利なので、

まずは、電子書籍を入れておく用のタブレットを購入をしました。

 

私が購入したタブレットはこちら!

Amazon Fire 7です。

値段は、約6,000円!(セール中だと更に安くなります)

7インチです。

 

タブレットの相場はピンキリで、

高い物だと5万円以上するものもありますが、

このタブレットは破格だと思います。

 

もちろん値段なりの欠点もありますが、

普段使いが、ちょっとした動画を観たり、電子書籍程度なら個人的にはこれで十分です!

 

Amazonプライムビデオもこのタブレットで観れますし、

家であらかじめダウンロードしておけば、Wi-Fi環境がなくても外出先で観れます!

 

 

 

 

 

次回、第一弾として購入した漫画を紹介したいと思います。

最近話題になった「あれ」です。

「あれ」だけで大体の予想がつくかもしれませんね・・・。

 

 

こんにちは。

開発Oです。

引きこもり状況の今に最適な読書!

 

そんなあなたにお勧めの本を紹介します。

 

私、以前にお勧め本紹介-1で書きましたように、ハードボイルド小説が 好きなんですが

2000年頃マレーシア駐在時に音楽仲間の間でちょっと ブームになった小説がありました。

大沢在昌 作 「新宿鮫」シリーズがそれです。

見たことないですが、実写版の映画も作られたようで、有名ではあると 思います。

当時乗り遅れまいと、1~2巻を購入し読みだしたのがきっかけでずっと 読み続けています。

そんな、新宿鮫の新刊が発売されました。 なんと8年ぶり!

Ⅺです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

安い文庫本はまだ出ていないので、でかいやつで1,600円もしました。。

 

なんせ8年ぶりなので、前作を読み返さないとつながりや連続する登場人物を

忘れてしまってます。

 

800頁ほどあるので、ゆっくり読み進めたいと思います。

読んだことがない方、ぜひ1巻から始めて下さい!

こんにちは。

総務Aです。

 

今年のGWは如何だったでしょうか?

やはり家に居た方が多いのでしょうか?

 

弊社は5/2~5/6までの5連休でした。

 

私はほとんど外出することもなく、

前回のブログで紹介した

バイオハザード(TVゲーム)ばかりやっていました。

 

 

 

 

休み中に会った実際の人よりも、

ゲーム内で会ったゾンビの方が圧倒的に多ように感じます。

ゲームのやり過ぎですね・・・

 

ステイホームのおかげで?

ストーリーをかなり進めることができました!

 

私のGolden Weekは新たな趣味を始めることもなく、

Game Weekとなりました。

 

 

こんにちは。

総務Aです。

 

コロナという言葉を聞かない日は無いと言うぐらい、

毎日ニュースで取上げられていますね。

 

感染経路が、バー、旅行、集団で会食・・・と聞くと、

なぜこの時期に行く?と毎回思ってしまいます。

その人その人の事情もあるかと思いますが、

この時期ぐらいは不要不急の外出は控えて(辛抱して)

収まってから存分に楽しんで頂けたらと思っています。

※あくまで個人的な意見です。

 

本当に1日でも早く終息して欲しいですね。

 

—————————————————————————————

 

さて、最近ではスーパーインドアになってしまいましたが

久しぶりにゲームを購入しました!

 

それがこちら!

 

 

 

バイオハザード RE:2」です。(ネットで購入)

最近ではRE:3が発売されましたね!

前作のRE:2がかなり安くなっていました。

 

ファイナルファンタジーⅦ」とも迷いましたが、こちらにしました。

 

 

このゲームは、1998年に発売された「バイオハザード2」のリメイク作品となります。

約20年前にオリジナルが発売され、国内では215万本売れたようですので

プレイされた方もいらっしゃるのではないでしょうか?

当時、園児だった私は当然ながらプレイしておりません。

プレイしていたら色んな面でヤバイですよね

 

大まかなストーリーとしては、

あるウィルス(生物兵器)が漏洩し、

ラクーンシティという都市がパンデミック状態に。(街中がゾンビだらけ)

初出勤日となる新人警官の「レオン」と兄を探す「クレア」の2人が、

住民の避難場所とされている警察署へ行って現状の問題を解決し、

この街の脱出を目指します。

警察署の中など行く手行く手にはゾンビや変異生物が襲い掛かってきます。

 

かなりざっくりとした流れですがこんな感じです。

 

ちなみにゾンビたちへの対抗手段としては、

基本的には銃などの武器で攻撃するか、逃げるかです。

 

ゲームの種類としては、「サバイバルホラー」になります。

ホラーと言えば、身構えてしまう方もいらっしゃるかと思いますが、

私がプレイしている限りでは

お化け屋敷のような、驚かしてやろう系の要素はあまりなく、

ゾンビの声や影が見えたら、ある程度(心の)準備ができるので、

少しグロいサバイバルゲームのような感覚です。

 

 

 

主人公の「レオン」と「クレア」の2人のストーリー

1人の主人公に「表」「裏」のストーリーがあるので、

合計4つのストーリー(レオン表・裏、クレア表・裏)をプレイ可能。

豆腐(知ってる人は知ってる)も出てくるので、

暫くの間はこのゲームで楽しんでいけそうです!

 

 

コロナウィルスが収まったら、

スーパーインドアからチョインドアな生活をしていきたいと思います。

 

 

 

 

 

明けましておめでとうございます。

本年もよろしくお願い致します。

総務Aです。

 

弊社は、12月28日(土)~1月5日(日)の9連休でした。

カレンダーの都合もあってか、例年より少し長めの休暇となりました。

皆様、年末年始の休暇は如何だったでしょうか?

私としては、特別遠出する事も無く、ほぼほぼ京都内で過ごしました。

 

 

 

 

 

正月休みネタがあまりないので、最近はまっているゲームを紹介します。

 

 

 

 

『ジャッジアイズ』というゲームです。(通称キムタクが如く)

先日、総務Iさんからお借りしました。

 

ご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、

このゲームは、『龍が如く』シリーズと同じ作成スタジオが開発されたもので

物語の舞台も同じ場所となっています。(神室町といいます)

主人公のモデルは木村拓哉氏。声も同じです。

他にも、パッケージに載っているキャラクターもめっちゃリアルに再現されています。

 

物語の内容を簡単に説明すると、

弁護士だった主人公が、ある事件をきっかけに探偵へと転身。

ある日、神室町で連続殺人が発生し、ある組織の陰謀なのか個人なのか?

見え隠れする通称”モグラ”と呼ばれる殺人鬼を探し出すといった話となっています。

 

メインストーリーのほかにも、サイドストーリーがあり、

探偵ならではの人探しや、尾行、偵察など

色んなジャンルの物があるので、マンネリ化することなく楽しむことができます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ミニゲーム的なものとして、バッティングセンター、カジノ、将棋、麻雀、ドローンレースなど

こちらもかなり充実しているので、メインかサイドかミニゲームか

どこから手を付ければ良いのか分からない状態に陥ります。

 

ストーリーの内容もチャプターで区切られ、顔や声もリアルすぎるので

1つのドラマをゲームでプレイしている感覚です!

 

まだメインストーリーが終わっていないので話の展開がどうなっていくのか分かりませんが、

最後まで進めていきたいと思います!

 

総務Iです。またネタが用意しきれずに、ゲームの話になってしまいました。

お題:FARCRY4(ファークライ4)

システム:オープンワールド型 FPSアクション

このまえ中古で1,500円ほどで買ったやつです。

 

ヒマラヤ山脈の麓の架空の国キラット(どうみてもチベットです、ありがとうございました)で

行きがかり上反政府ゲリラの一員となって暴れまわります。

 

このゲームはグランドセフトオート(グラセフ、GTA)と同じように、シリアスに

見せかけた「バカゲー」です。ゲーム内で起きる事象も無茶苦茶です。

  • ゾウに乗って戦える
  • 後ろからエアガンでなくマシンガンで撃たれるというあおり運転
  • トラ、熊、ヒョウ、オオカミ等が激しくじゃれついてくる(~からの、可愛がり)
  • 路肩で車の修理をしてあげている間に車の持ち主が別の車に轢かれる
  • というかそこら中でひき逃げが起きる
  • 人質を敵から開放してあげた直後にその人質がトラに喰われる
  • 麻薬工場でドンパチやってラリってしまう
  • 敵の拠点に肉を投げ込み動物に襲わせるのは立派な戦術(ナウシカかな?)

オープンワールド型の例にもれず、サブクエストやミッションも豊富です。

「車両の強奪」「車列の爆破」「復讐」「暗殺」「動物の殲滅」・・・ダメだこりゃ。

GTA4 はあまりハマりませんでしたが、こちらは今のところ60時間ほどやれています。

進行度60%くらいです。人を選ぶゲームだと思います。

 

ゴア表現は大したことはありませんが、内容がこんなんですのでお子様のプレイは

全然推奨しません(そもそもCEROレーティング「Z」:18禁です)。

お子様には「ドラゴンクエスト11」で愛と勇気を教えてあげましょう。

 

総務Iです。

 

夏真っ盛りになって参りました。

唐突ですが、日本の夏と言えばスイカです。しかし僕はあまりスイカは好んでは食べません。

最初の一口は甘くて良いと思いますが、下(外)へ行くほど水っぽい。手も汚れるし、

トータルで喜んでは食べないです。

 

この話で何が言いたいかというと、前に言ってたゲーム「warframe」、ちょっと飽きて

きてしまいました(笑)。

スマホゲーなんかでもそうですが、エンドコンテンツに差し掛かってくると

単調なイベントの繰り返しや周回プレイになり面白いよりダルいが先に来てしまいます。

スイカの甘いところを食べ終わってしまって、皮の近くを一生懸命食べるような感じです。

 

違う、そうじゃない(鈴木雅之)。

普段のゲームは仕事で酷使した頭を開放すべく、もっと緩くあるべきです。

ということで、次男のところからPS4のゲームを徴発。”ニーアオートマタ“と“ドラクエ11”。

 

 

久しぶりに PS4 起動して、”Marvel’s Spider-Man” が手つかずで放置されていることに気づく。

ま、いつかやる気になるでしょ。

 

先日の二季会(ゴルフ)に履いていったズボンが「ワークマン」で買った

作業ズボンであることは誰にも気づかれなかったようです。

 

総務Iです。

さて、先日中学生の息子が「任天堂 switch の容量がない」と言って

体験版とかちまちま消していました。

ここは大人の力(財力)でマイクロSD 128GB(本体は32GB)を追加して解決。

容量が死ぬほど増えたんで、せっかくなので「WARFRAME」というゲームを入れてみました。

 

PC や PS4 ではもう何年も前からあるようですが、switch への移植は昨年。

フォートナイト」なんかと同じく基本無料、ゲーム内で課金要素ありの洋ゲーです。

(基本料の請求が来ないところを見ると、僕もニンジャだったようです。)

ダウンロードに 20GB ほど必要なので、マイクロSDによる容量増設必須です。

 

この、ネタに困ったときはゲームのこと書いとけの精神。

 

「WARFRAME」はTPS視点で近接武器・2種類の飛び道具・キャラごとの特殊能力を

駆使してミッションを実行していくスタイリッシュなスペース忍者のゲームです(説明のしようがない)。

ネット環境必須、switch版は Nintendo Switch Online の契約が無くてもオンラインプレイが可能です。

 

時間さえかければほとんど課金することなく遊べます。が、逆に課金すれば色々快適に

プレイできます(強くなれるとは言ってない)。

色んな要素が詰め込んであるんですが、基本無料ということでゲームシステムや

ゲーム内の要素についての説明は少なく、お世辞にも親切とはいえません。

自分で wiki を見て学ぶことが必須になります。僕もまだかなりの部分が理解できていません。

 

 

PC、PS4、XBOX、Switch と色んなプラットフォームで出来るので(※クロス不可)、興味があれば

いかがでござるか?ニンニン。

 

 

こんにちは!

総務Aです。

 

先日、営業Wさんからゲームを貸していただきました!

 

その名も

「THE LAST OF US」(ザ・ラスト・オブ・アス)です!

スターを集めて攫われたお姫さんを助けたり、みんなで協力してモンスターを狩るような

陽のゲームではなく、陰のゲームだと思います。

 

どんなゲームなのかと言うと、、、

 

寄生菌で感染症が広がり荒廃した世界を

ジョエルという主人公があるトラブルに巻き込まれ、

エリーという少女をとある場所へ連れて行く仕事を任されるというお話。

最初は険悪な2人であったが、お互い助け合い仲良く?なっていく

人間味のあるストーリーでもあります。

ちなみにジョエルとエリーは家族ではなく赤の他人です。

 

感染症が広がった世界が舞台となっていますので、

感染者(敵)が次々と襲いかかってきます。

うつむいて苦しんでいる感染者に気づかれると、

いきなり奇声をあげながら走ってきて襲いかかってきたり、

クリッカーと言う、感染がかなり進んだ敵に襲われる(噛みつかれる)と即ゲームオーバーとなります。

一応、ジャンルとしてはサバイバルアクションになっていますが、

ホラー要素も結構あります。

某生物災害ゲームのような、おどかしメインではないのですが、

たまにびっくりする時もあります(笑)

あと、敵がまぁ〜グロいです。

気になる方は、「ラストオブアス クリッカー」でググって頂けたらと思います。

 

彼ら?対しては、銃や爆弾などで攻撃することができます。

また、一部の敵以外には

気づかれなければそのままやり過ごす事もできるので、

平和主義な方はこっそり隠れながら攻略して行く事もできます。

 

個人的に好きなジャンルでもあるので、

すごく面白いです!

借りて1ヶ月ぐらい経ってしまいましたが、

しっかり攻略していきたいと思います。

 

プレイ後、うっかりブックオフに売ってしまわないように

気をつけていきたいと思います。

 

行きかふ年もまた旅人なり。

総務Iです。3年連続の年末トリを逃しました。

20172016

 

そして僕の年の瀬はいつもこうなる。

 

「ファッ!?」


 

Amazon でソフト2本ダウンロード付きPS4がセール中で衝動買い。

そして気になっていた「キムタクが如く」ならぬ「JUDGE EYES:死神の遺言」も衝動買い。

 

3年経っても進歩のない僕は何処に辿り着くのでしょうか。

来年もまたよろしくお願いいたします。

 

総務Iです。

読書の秋ですが、最近は老眼がきつくなってきたのであまり本を読まなくなって

しまいました。昔は文庫本を1日に3冊くらい読んだりもしたんですが。

 

世間では若者を中心に「ライトノベル(ラノベ)」が幅を利かせているらしいです。

現実世界では冴えない主人公が異世界にスリップし、そこで現実世界の知識や

テクノロジーを使って大活躍、ヒーローになるという「異世界転生モノ」が多いんだそうで。

普段は冴えない主人公が異世界で無双する姿に、様々なコンプレックスを抱える若者が

共感して云々かんぬん…が流行の理由だとか何とか…。

 

僕らの世代だと、流しの弾き語りからスカウトの目に留まって歌手になる、ってな

空想をしてた奴がいたのと同じようなもんなんでしょうか。

今この年齢になるとそういう空想(妄想)ももうきつくなってくるので、簡単に

「俺、すけぇ」を体感したければ、手段はこうなります。

 

無双シリーズ、「ファイアーエムブレム無双」と「無双orochi3」ダブルで購入の暴挙。

 

昨年からやってきた「ゼノブレイド2」、本編が400時間超、追加シナリオ「イーラ」も

50時間超と流石に限界が来たので買ってしまいました。

 

無双シリーズは作業ゲーになりがちな半面、あんまりテクニックが無くても結構楽しめるので

僕は好きです。

立ちふさがる大量の雑魚敵に「押し通る!」と言いながら必殺技を浴びせたり、

救援を求める味方に「待ってろ!今行く!」等と声をかけたりして、奥さんに生暖かい目で

見られた挙句「楽しそうやね。良かったね」などと言われることもありますが、いいじゃないですか。

 

いいじゃないか。

 

 

総務Iです。

右肩が50肩で痛い。やっと左肩がこなれたのに。

おかげで動く気力が落ちて引きこもりがちに。

 

そんなこともあって、昨年から始めたゲーム「ゼノブレイド2」のプレイ時間が

250時間を超えてしまいました。

アップデートで「Advanced New Game(強くてニューゲーム)」と「新レアブレイド」が

実装されたので2週目をやるにはやるんですが、もうそんなに時間をかけないと思います。

 

ということで、新たに(中古で)ゲームを買ってしまいました。

「Fallout3(しかもGame of the Year Edition)」

ああ、またそんなん買う…。

 

舞台は核戦争後の世界。「ヒャッハー!」な世界が広がっています。

気分はもうメル・ギブソンです。

こんな荒野や廃墟が広がっています。

写しちゃいけないモノが地面に転がっていることもしばしば。

 

「××してやるゥ!」などと言って襲い掛かられる。

“一狩りいこうぜ!” 的なノリで歩いているだけのこちらを襲ってくる悪いやつらです。

 

メインストーリー以外の “お使い” が多い典型的オープンワールドのゲームです。

やってみてなんや「スカイリム」の世紀末バージョンみたいなゲームやな、と思ったら

同じところが作ってるんですね。納得。

CEROレーティング「Z」(18禁)ですし、多くを語るのはアレですので察して下さい。

 

肩の調子がもうちょっと良くなるまで、僕はここで世紀末救世主を目指して

戦ってみたいと思います。

 

こんにちは!総務Aです。

 

唐突ですが、最近皆様は何にはまっていますか?

マラソンですか?

ラーメンですか?

抹茶ですか?

それとも、ミニストップのソフトクリームですか?

 

私はゲームにはまっています。

 

今更ながら、昨年12月にPS4を購入しました。

Switchではなく、PS4です。何かの手違いではありません。

12月と言えば、Switchが品薄で入手困難であったり、

転売などで定価よりも高値で売られていましたが、

PS4は全然入手困難ではなく(←当然です)、

定価よりも少し安かったです。

しかも、キャンペーン中で「みんゴル」が無料で付いてきました。

 

私が購入したPS4はこちら!

 

 

ホワイトにしました。正式名称はグレイシャー・ホワイト。

ホワイトと言う名称だけではダメなのでしょうか?

 

ホワイトは徐々に汚れが目立ってきますが、

新品なので今はまだ綺麗です。

 

さて、本題ですが私がPS4を購入した理由は、

「モンスターハンターワールド」がPS4で発売されるからです。

すでに発売されていて、プレイ中ですが、これがめっちゃ面白い!

 

 

プレイ画面は下手くそな私が上げるよりも、

公式ホームページを見て頂いた方が、面白さが伝わると思いますので、

よければこちらのホームページをご覧になって下さい。

↓   ↓   ↓   ↓   ↓

モンスターハンターワールド公式HP

※音が出ると思いますので、ご注意下さい。

 

ちなみに、売上ですが、発売して3日で135万本を売上たみたいで、

ダウンロード版も含めると、約200万本みたいです。

定価が約9,000円なので、単純計算で180億円!

すごい売上です!

これだけ面白かったら、皆様が購入するのが分かります。

 

モンスターハンターを知らない方の為に、簡単に説明すると、

 

「モンスターを狩る。」

 

以上です。

 

PS4なので、大迫力かつ高画質です。

オンラインで仲間と協力してクエストに挑んだりすることができます。

もちろん1人でも充分楽しめます。

 

私が中学生の頃にPSPでモンスターハンターシリーズが発売され、

めっちゃやり込んだのを覚えています。

平日は、学校と部活。部活がない日は友達の家でモンハン。

これが日課でした。

高校・大学の時はあまり疎遠だったのですが、

今作は、システムも一新され、今までと違うモンハンが楽しめます!

今までは、モンスターを淡々と狩っていくという感じだったのですが、

今作では、ストーリー性やアクション要素があり、淡々とだけではないです!

キャラメイクも細かく、顔のパーツ等はもちろん、

目の色や輪郭、声のパターンがすごくあり、

凝る人はすごい凝りようです。

私は5分も掛かりませんでしたが。

 

PS4の購入も含め、出費が痛かったのですが、

それに見合う価値は充分にあると思います。

 

皆様もいかがですか?

皆さんこんにちは。

開発Oです。

 

ちょっとネタ不足ですので、個人的にお気に入りの本を紹介しようと思います。

シリーズ化できるほどのキャパは無いので、これっきりになるかもですが。。

 

まずは、これ。

北方謙三 「挑戦シリーズ」全5巻。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

南米の真っ白な地図をいつか自分で歩いて埋めてみたい、というぼんやりとした

夢を持つ青年が、アルバイト先の中小企業が大手企業を敵に回して立ち回る事に

巻き込まれていくという1巻、その数年後グリーンベレーにゲリラ戦術を叩きこ

まれて青年が帰国する2巻、南米ペルーに渡ってからの出来事をまとめた3巻、

その南米ペルーに主人公を殺しにやってくる日本人傭兵との絡みを描いた4巻、

親しい人達と別れ、一人カナダの山奥で暮らす主人公に日本人少年が駆け込むと

ころから話が広がる5巻、というハードボイルド小説です。

 

読んだのは25歳くらいの頃で主人公と年齢が近い時でした。

※20数年前ですね。

 

この5巻を通じて登場する人物に警視庁捜査一課の名物警部がいます。

無意識に老犬トレーという歌を口笛で吹く癖のある、「老いぼれ犬」という

あだ名の老刑事です。

 

実はこの時代に北方謙三が書いた作品は、各主人公が同じ作品世界に存在し

ている設定になっている事が多いのですが、それらをつなぐ役目をしている

のがこの刑事で、10作品位に登場するキャラです。

あまりにキャラが立っているので、最終的にはこの刑事の半生を描いた3部作

が書かれました。

これ。

 

 

 

 

 

 

激動の少年時代の1巻、刑事になり少年時代の盟友と再会する2巻、その息子と対峙

する3巻、という内容です。

なぜ、老犬トレーを口笛で吹く癖がついたのか、など背景がすべて判明し、ますます

このキャラクターに惹かれるようになること間違いなし。

 

ハードボイルド好きなあなた、古いですがまだアマゾンでは購入可能なのでぜひご一読を。

 

 

総務Iです。

単なる順番の偶然ですが、今年のトリになってしまいました。

だから京都観光シリーズはちょっとお休みして違う話題でいってみたいと思います。

決してネタ切れではありません。

———————————————————————————————-

大体の大人が同じなんでしょうが、毎年年の瀬になると「今年も早かったなあ」という

感想で、これを繰り返していくうちにいつの間にか年を取っていくんですね。

年のせいなのか。

「君の名は。」というアニメ映画がたいそう流行っているようですが、あんまり興味が

湧かないばかりか意味深な「君の縄。」などというネットの書き込みを見つけて

ニヤリと笑ったり。 やだやだ。

「子供じみた大人は嫌いだが、遊び心を無くした大人にはなりたくない」

ということで、今年の最後はこれです。

 

PS3 を新品で買ってしまいました。自分のデスクのディスプレイに繋いで、自分専用です。

 

ソフトは一部新品ですが、大半がネットかハードオフの叩き売りです。

何故今 PS4 でなく PS3 なのか。そしてソフトのこのラインナップ。

営業W君は突っ込んでくれるだろうかなどと考えつつ、今年の年末年始はこれで

暇をつぶしてみたいと思います。

———————————————————————————————-

皆様本年はお疲れ様でした。そして、お世話になった多くの方々には感謝

申し上げます。

来年も上田鍍金と上田鍍金スタッフブログをよろしくお願いいたします。

 

 

イチロー選手のメジャー通算3,000本安打がいよいよ目前です。

40歳過ぎて衰えはある筈だとは思いますが、それでも第一線で活躍できるだけの肉体と、

それを支える節制と鍛錬には感服する以外有りません。

相変わらずままならない五十肩を抱えた総務Iです。

 

何より1つのことをずっと続けるその情熱がすごいですよね。

昨年50歳で中日ドラゴンズを引退した山本昌広元投手しかり、

最近ちょっと名前を聞きませんがサッカーの三浦知良選手しかり。

自分には長らく続けていることが何かあったかな?元から飽きっぽいので

何をやっても続かないんですよねー。

普通のサラリーマンなら40年くらい働くわけですが、それは単純に情熱というには

ちょっと違うかなと…。

 

大きい括りでなら、TVゲームなら今でもやるんですがねぇ。

ちなみに今年に入ってからですが…

ゼノブレイドクロス(WiiU)

追加コンテンツも購入。累積250時間を超えて100%達成。

最強の敵を倒すための体制づくりに数十時間費やす。

とうの昔に投げ出した子供らにも呆れられる始末。

ゼルダ無双(WiiU)

レベルアップと素材集めを粘って全ての武器と全ての蜘蛛をコンプリート。

とうの昔に投げ出した子供らにも呆れられる始末。

 

うーん…。なんか情熱とは違うかな。そんなことを考えつつ、新たに購入。

 

無双OROCHI2 Hyper(WiiU)

プレー中。これまた異様に時間がかかる模様。

「またそんな時間かかりそうなん買うて」と子供らにも呆れられる始末。

 

途中から訳の分からない話になりましたが、何の話かというと

戦い続けるためには、爪と牙が必要だということです。

情熱という名の牙が欲しい。

 

 

ちょっと体調を崩してからなかなか本調子に戻らない総務課Iです。

去年のクリスマスに任天堂の Wii U と「スプラトゥーン」を買ったのですが、

あっという間にこんな状態になってしまいました。

3つのゲーム掛け持ち。

「ゼルダ無双」はいつか買おうと思っていたところ次男がお年玉で買うと言い出したので

半分出してやることに。

「ゼノブレイドクロス」は、自分用に。まあ何となく。

この「ゼノブレイドクロス」、ネットから落とした取説がなんと 117 ページ。

1ページの大きさは A5 程度なので、自慢のレーザープリンタで A4 のコピー用紙に

ニコイチで印刷。それでも約60枚のボリューム。

iPad より厚い。

これだけの要素が詰め込んであるので、プレイには時間がかかるかかる。

現状他のゲームはお休みにしてこれ一本でやってますが、終わりが見えない状況。

「マインクラフト」とかこういうのを“時間泥棒”というのでしょうか。

面白いのは面白いんですがねえ。

寒いのでついつい出不精になり余計に家でゲームして休日を過ごしてしまっているこの頃。

これではいかんなあ。

気持ちよく寝てますが、それは猫用のベッドでなくて鍋を保温する用の入れ物だよ。

それも、いかんなあ。

 

 

クリスマスですね。

恋人とあんなコトやこんなコト出来たらいいな、なんてことにはもう

縁のない総務Iです。

ということで、我が家では任天堂の Wii が Wii U になりました。

そして一発目に持ってきたソフトは「スプラトゥーン」です。

面白いという評判は聞いていたんですが、どうでしょうか?

配線とか Wii → Wii U のセーブデータの引き継ぎだけやらされて

その後は子供が交代で必死でやってるんで、まだ触らせてもらってません。

見ている分には面白そうですが、何かせわしないゲームですね。

コントローラーがタブレットみたいになっていて、手元にレーダーとか

表示されてたり。ファミコン世代から見ると隔世の感があります。

子供はやる前から入れ込んで、こんなん買って来てました。

amiibo (アミーボ)というらしい。単なるフィギュアでなく台座にチップが

内蔵されてて、ゲームと連動して追加コンテンツやら有利に進めるアイテムが

ゲット出来るそうです。

¥1,000 以上するんですが、“実質ゲームが高くなるだけやんか”という

無粋なことは言わずに心の中にしまっておきました。

見ていて対応出来る気がしません(笑)。

かつてはファミコン版スぺランカーを3周くらい出来たゲーム少年も

すっかり年をとってしまいました。

ということで年末年始はこの「スプラトゥーン」を練習して過ごしてみたいと

思います。

テレビとソファの間にあるコタツの天板の上に陣取るのでゲーム中の子供らに

「邪魔!」とか言われている猫の表情です。

年内の僕の投稿はこれがラストになります。

皆さん、メリークリスマス。そして良いお年を。

 

 

2020年10月
« 9月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

カテゴリー