» マレーシアMのブログ記事

みなさん、こんにちわ。

マレーシアのMです。

今回、初めて卓球を観に行ってきました。

「卓球の世界大会。」

 

日本では盛り上がっていたかどうかわかりませんが

ここマレーシアでは、まちがいなく盛り上がって

いませんでした。

どこでやっているのか調べると弊社から15分くらいの

Stadium Malawati Shar Alamでやっているでは

ないですか。

前日、前々日のドイツとの女子の死闘をテレビで観ていて

感動していた私にとってマレーシアで生で観れるなんて

滅多にないケース。

夜7時半からということで仕事帰りに行きました。

やはり人気がないのか、会場は、がらがら。

おかげさまで前の方で観ることができました。

そして本日は、準決勝戦 相手は北朝鮮。強敵です。

1人目の伊藤美誠さん。

この子、15歳で代表に選ばれた天才少女。

あっさりと負けてしまって、やっぱり15歳では

ちょっと荷が重いんかななんて思いながら。

 

2人目はエースの石川佳純さん。

やっぱりエースですね。相手にラッキーな得点なども

ありましたが勝利。

 

そして3人目、福原愛ちゃん。

今回はキャプテンで頑張っています。

そういう目で見ていたかもしれませんが

やはり花があります。

「サー」もたくさん聞くことができて勝利。

 

そしていよいよ勝利まであと一人というところで

最初に出てきた15歳の伊藤美誠さん。

一回目あっさり負けていたので

やばいかもと思っていたのですが1対1で迎えた3ゲーム目。

10対10から、ジュース、ジュースと緊迫したゲームが続き

頑張ったのですが最終的に20対18で負け。

これで万事休すと覚悟していたところ

ここから攻めに攻めて2ゲーム連取し

逆転勝ち。

この中学生、いい根性してます。

感動しました。泣きました。

いい試合でした。

そして、横でやってた男子の試合(イングランド対フランス)

これも迫力があってすごかった。。

 

結局、男女とも決勝で中国に負けましたが

今後まちがいなく日本の卓球は強くなると

思います。

感動をありがとうございました。  合掌

 

「Snメッキ」のことなら、上田鍍金にお任せください 。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

みなさん、こんにちわ。

マレーシアのMです。

すっかり今年が運転免許の更新だということを忘れていて

日本の嫁から連絡があり急きょ日本へ

一時帰国することになりました。

 

日本にいる私の長女(24歳)もちょうど免許更新だと

いうので一緒に連れて行って欲しいとのこと。

(ちなみに長女はペーパードライバー)

 

1月25日(月)はマレーシアも休日なので

長女もその日に休暇をとらせて一緒に

運転免許センターに行くことに。

 

日本に戻り、その前々日の23日(土)に散髪に行った際、

(やっぱり日本の方が散髪はGoodなので一時帰国の際は

日本で散髪に行くようにしている)いつもの散髪屋の兄ちゃんが

「免許の切り替えのために日本に帰ってきて次の月曜日に行くの?

免許の切り替えは一週間の内で月曜日が一番混んでいて

大変でっせ。私ら(散髪屋は)月曜日しか行けませんし

いつも人が多くて疲れますわ。」ということを聞かされていました。

 

また、天気予報によると24日(日)の夕方から25日(月)にかけて

40年か60年かに一度の寒波がくる予報。

車で運転免許センターへ行く予定をしていたので

もし、雪でも降って行けなかったら大変。

雪の中、電車とバスを使っていくのもだるい。

でも、26日(火)にはマレーシアに戻らなければなりません。

 

ネットで確認してみると、日曜日も運転免許更新は

できるみたいなので、予定のある長女をほおっておいて

私一人で寒波の来る前の24日(日)朝に行くことに。

 

そして24日(日)朝に行ってみるとすごい人。

以前(5年前)は一つの建屋で事足りていたのに、この日は

二つの建屋を使っていた。

「でも明日、月曜日は雪模様なので、これよりいっぱいなんやろなぁ。」なんて

ほくそ笑みながら、講習受けるまでの手続きに1時間半ほどかかり

講習はもちろんマレーシア在住なので違反もなく

ゴールド免許なので30分ぐらいでしたが

かなり疲れました。

 

そして翌日の25日、長女に「もし雪が降れば、違う日に1人で行って」と

言っていたのですが、結局寒いのは寒かったですが

雪も降っていなかったので長女を運転免許センターまで送って行き、

時間つぶしに喫茶店でモーニングなど食べていると

1時間ちょっとで「もうすぐ終わる」という連絡。

「えらい、早いやん。」

長女がいうには、ガラガラに空いていたらしい。

 

パスポートみたいに運転免許の更新もマレーシアで

できるようにならないもんでしょうかね??

アーア。

 

みなさん、こんにちわ。

マレーシアのMです。

このお正月に、STAR WARSを観に行ってきました。

もちろんマレーシアなので全て英語。

字幕は、マレー語と中国語。

「非常に面白かった!」と一緒に行った人は言ってました。

私は、過去にスターウォーズを観たことがなかったので

ルーク、フォース、ライトセイバー等々

この単語が何を表しているのかわからないまま観ていて

まぁまぁそれなりに、でした。

実は7年前マレーシア赴任時にSTAR WARSのDVDを全シリーズ

持ってきていたのですが今まで観ていなかったことを後悔。

観ておけばもっと面白く映画観れたのに。残念でした。

 

ということで、今回は、STAR WARSとは

全く関係ない「目がでるダルマ」のお話。

先週、シンガポールからお客さんが来られた時に

雑談で「目が出るダルマ」を買うためだけに

お住いの東京から京都へ来られたことがあるとのこと。

このダルマは有名らしく、実際に目が出ることから

「めがでる」ということでサラリーマン等に人気があるらしい。

それでどこの神社で買ったのか聞いたのですが、その人、どこの神社か

忘れたとのこと。

その2日後、私、たまたま免許の切り替えに日本に一時帰国するので

調べたところ嵐山の天龍寺にそれは売っていることがわかりました。

それでそれを購入するためにそこへ行くことに。

 

嵐山、天龍寺。

やっぱりダルマが有名なのか、入ったところに

どかーんとダルマの絵。

天龍寺というだけにすごい迫力のある龍のふすま絵。

そして素晴らしい庭園。

紅葉か桜のころなら、もっと綺麗なのだと思いますが

これでも十分きれいで感動でした。

 

そしていよいよこれが「目がでるダルマ」

これで、私も今年は、めがでることでしょう。

ちなみにこれを紹介してくれたシンガポールから来た人は

「まだ、めがでていない」と言われてました。

んーん、やっぱり、いいですね 京都。

 

 

 

みなさん、こんにちわ

マレーシアのMです。

前回に引き続きカンボジアでのお話。

アンコールワットに行ったあと、お土産を買いに

ツアーガイドさんにカンボジアの土産物屋に

連れて行ってもらいました。

同行者(T君)が長財布が欲しいとのことで

好きなのをチョイスして、

いよいよ写真右の店の女の子と価格交渉。

売値は、1つ38USドル。

(カンボジアは、USドルが普通に使えます)

「38USドル??

それは、高い!20USドルでどうですか?」とT君。

「それは、ダメです。30USドルならOKです。」と店の女の子。

「それなら、要らない」とT君。

「では、じゃんけんであなたが勝てば、20USドルにします。

でも私が勝てば、30USドルでどうですか?」と店の女の子。

「それは、面白い。」ということで、じゃんけんで買値を

決めることになった。

日本のじゃんけんもわかるとのことで、早速、

「最初はグー。じゃんけんほい!」

とT君がチョキ、女の子がグー。

T君が負けて30USドルを支払い長財布を購入。

 

それを始終みていた私。

実は、私も今まで長財布を持ったことがなく

以前から一度欲しいなぁと思っていて

「よし、私もこの長財布欲しいので

じゃんけんして私が勝てば20USドルでいいね」と聞くと

「いいよ、いいよ。」と2つ返事。

 

私、先ほどのじゃんけんを横でみていて

この女の子はグーをだすのを見ていたので

しめしめと思いながら、おもむろに

「よし、やるよ!最初はグー。

じゃんけんほい!」と私がパーをだすと

この女の子、チョキだした。

結局、日本人2人とも30USドルで買わされました。

恐るべし、カンボジアの女の子。

たぶん普通に20USドルでも買えたのかも…。

 

 

 

 

 

みなさんこんにちわ。

マレーシアのMです。

前回に引き続きカンボジアの旅です。

到着したその日に第一の目的地アンコールワットへ。

非常に神秘的できれいでしょう。↴

中も自由に入れます。

(少し危ないですが…。)↴

いたるところに壁画があり

それもすばらしい。↴

それぞれ壁画には意味があり

ガイドさんはそれを説明してくれます。

でも、気温が37℃近くあり非常に暑い。

観光するなら朝か夕方がいいとのこと。

 

そのあと、夕日がきれいな場所があるとのことで

それをみるために車で15分のところへ。

少し山を登り、夕日を待つことに。

この山からは、さきほど観光したアンコールワットも

見えます。

ここは大変有名な観光スポットらしく

夕日が沈む少し前には観光客でいっぱいになるとのことで、

場所とりのために1時間半前に到着。

確かに街が見渡せて水平線の向こうに夕日が沈む風景なんて

最高だと思うのですが、なんせここには何もないしそれに暑い。

結局、1時間半待たずにホテルへ。

まっ、この後、雨が降ってきたので

待たなくて正解でしたが。

 

みなさんこんにちわ。

マレーシアのMです。

 

世界遺産で有名な「アンコールワット」

名前だけは聞いたことがあったのですが

せっかくマレーシアに赴任しているので

滞在中に一度ぐらいは観ておかなければ

ということで行ってきました。

ご存じのように「アンコールワット」は

カンボジアにあります。

 

カンボジアってどんな印象があります?

私は、あまり詳しくなく、確か猫ひろしが

カンボジア籍をとってマラソンに出ているという

程度しか印象はありませんでした。

 

私が住むマレーシアからは飛行機で2時間。

タイのバンコクに行くのとあまり変わりありません。

マレーシアより少し北にあるのでマレーシアより

涼しいイメージ。(実際は、マレーシアより暑かった)

通貨はUSDが使えます。

言語は、クメール語で全くわかりません。

 

以前に日本のカボチャは、カンボジアからきたと聞いたことがあったので

ツアーガイドさんに「これって本当か?」と尋ねると

「本当だよ。それに日本のうどんもカンボジアの地名のウドンからだと

聞いたことがある。知らんけど。」と何か怪しい。

 

でも、ここからは本当で

まず、驚いたのはバイクは免許がなくても

乗ることができるとのこと。

至る所で、普通に子供がバイクに乗っています。

ほとんど信号もないので

「バイクには気を付けてくださいね」とガイドさん。

 

そしてまだ、トゥクトゥク(三輪タクシー)が走っています。

バイクは免許なしで乗れて、トゥクトゥクは

バイクで引っ張っている。

ちょっと恐ろしい感じがしましたが

乗ってみると安いし意外に快適でした。

 

また、ガイドさんが言うには

カンボジアでは、車を作っていないので全て輸入。

タイからの中古車がほとんど。

でも道路を観ていると以外にレクサスが多いのには驚きました。

 

そしていよいよ、「アンコールワット」へ。

 

みなさん、こんにちわ。

こちらマレーシアは、7日から10日は

「ディパバリ」(ヒンドゥー教のお正月を祝う行事)で

連休でした。

この連休を利用して、カンボジアのアンコールワットを

観に行ってきたマレーシアのMです。

 

カンボジアの話はまた、今度として

今回は日本のテレビのお話。

タイとか中国とか出張で行った際、現地に出向されている

日本人の方に「日本のテレビ番組は観れますか?」と聞くことが

あるのですが、どちらも「普通に観られますよ」という回答。

いつも羨ましく思っていたのですが

いよいよマレーシアでも発見。

それも私が住んでいるコンドミニアムの中に事務所が。

 

今まではASTROという会社との契約で、海外のスポーツ、映画等を観

日本のテレビ番組はNHKのみでしかもデジタル放送ではなく画像も

よくない。(なぜか韓国の番組はすでにデジタルになっている。)

 

これまでも何回か日本の番組を観ようと日本の番組が観れるUSBを

買い、PCにつないで観ていたのですが途中で止まったり、スマートフォンを

テレビにつないで観たりといろいろやってきました。

 

今回のものは「楽々テレビ」といってとっても画像がきれい。

(デジタルではないらしいですが。)

おまけに1週間分の全番組がクラウドに保管されているので

1週間前までの番組ならいつでも観ることができる。

だから、忙しくってしかたない。

 

番組は関東、関西の地上波、BS,CS。

したがってWOWOWや日本映画チャンネル、グリーンチャンネルまで

視聴可能。

「これって違法??」

と思い、業者の人(日本人)に尋ねると

「違法ではない」とのこと。

すでに、中国、タイで実績のあるもので

現地の日本人の方もたくさんこの会社のものを

利用しているらしい。

まっ、信じることにしましょう。

 

しかし、毎朝、「おはよう朝日です。」がマレーシアで

リアルタイムに観ることができるとは…。

また、ひとつ住みよくなりました。

みなさん、こんにちわ。

9月中旬から続いている煙害(ヘイズ)。

インドネシアのスマトラ島などにおける

野焼きや森林火災が発生源で、我々が住むマレーシアや

シンガポールがこの大気汚染に悩まされています。

今年は特にひどく現在もまだ続いています。

いい加減に何とかしてほしいと思っている

マレーシアのMです。

 

先般、マレーシアJETRO(日本貿易振興機構)の所長様から

「今度、世界の主要な都市で海外で活躍されている京都ゆかりの方の集い

‘京都倶楽部‘を設立し、その第一回の会合(食事会)が開催されますので

参加されませんか?」とお誘いを受けました。

その時には、今回マレーシアで初めて開催される「京都物産展」や

観光プロモーションのため、日本から京都府知事も来られていて

この会合にもご参加いただき、「京都倶楽部」の認定書や会員バッチも

授与いただけるとのこと。

知事とお会いする機会なんて滅多にない(一生ないかも)ので

参加させてもらうことにしました。

 

そして当日、会合に参加させていただくと

知事含め京都府幹部の方、京都府物産協会役員の方、

KL京都府民会の方、日本商工会議所の京都の会員企業の方等

約30名の参加者。

JETROの所長様以外、知っている人は全くおらず

所長様はVIP席ということで真ん中のテーブルに

招かれていかれ私一人だけに。

おとなしくしておこうと思い、一番端の席に静かに

座っていたのですが、所長様が来られて

「Mさん、こちらのテーブルに来ませんか?」と

お声をかけていただき、そのVIP席に行くと知事の横が

空いているではありませんか。

「よろしいですか?」と畏れ多くも知事の隣に

座らせていただくことに。

 

話の中で、せっかくの機会なので前から疑問に思っていたことを

聞いてみることにした。

「外国人の一番人気のある場所が伏見稲荷大社と

聞いたのですが、どうして伏見稲荷なのですかね?

個人的には、清水寺や金閣寺の方が人気が出そうな気がするんですが・・・」

すると知事は一言

「ただだから」と。

「お寺は、入るのにお金いるでしょう。神社はお金要らないし

無料であの鳥居などの美しさを醸しだしているから」とのこと。

うーん、納得。

 

また、1人づつ自己紹介することになり、上田鍍金も

創立大正9年の老舗なのでアピールして驚いてもらおうと

思ったのですが、聖護院八つ橋様も参加されておられ、こちらは

元禄2年創業ということで全くおよびではありませんでした。

 

そんなこんなで、ワイワイと

なかなかみなさん楽しく、知事も私からのしょうもない質問にも

(真面目な話もしましたのでご心配なく)気軽に快くお答えいただき

自己紹介のあと、同志社出身対立命館出身みたいな雰囲気にも

なっていましたが、それもまた楽しく、このような機会があれば

また参加したいと思います。

いい経験をさせていただきました。

 

 

皆さん、こんにちわ。

10月になりました。

衣替えの季節です。

そういう季節感のない

マレーシアのMです。

 

UEDA PLATING MALAYSIAでは、

9月2日に「サプライヤーデー」を開催しました。

「サプライヤーデー」というのは、日頃お世話になっている

サプライヤー様にご来社いただき、日頃の感謝の気持ちを

お伝えするとともにUEDA PLATING MALAYSIAの基本方針や

来社時の安全面における注意点やお願い等をお伝えし

ご理解いただくことを目的に実施しています。

開催は不定期で今回が4回目。

以前は、ホテルで実施していたこともありましたが

経費削減もあり、社内敷地内にテントを張って実施。

サプライヤー様、総勢37社42名様にご参加いただきました。

(感謝、感謝)

まず、弊社のスタッフから環境に対する基本方針、

また弊社が環境に対して取り組んでいる内容や、

納品等来社時に守っていただきたいことや注意事項を発表し

次にDOSH(Department of Occupational Safety Health)の方を

お招きしてマレーシアの安全に関する講義もしていただき

そして、UEDA PLATINGに対して特にご協力いただきました

サプライヤー様を表彰。

そしてささやかながらラッキードロー。

最後はみんなで昼食です。

ラム肉の炭火焼もあり、昼食はなかなか豪勢。

最後はスタッフ達でお決まりの「UEDA BOLEH!」

ご参加いただきましたサプライヤー様とスタッフの

みなさん、ご苦労様でした。

これからもよろしくお願いいたします。

7月末ごろの話である。

弊社マレーシア工場の社員が、

「8月23日(日)にここの町内会でマラソン大会があるけど

参加しませんか?」と言ってきました。

「何km走るの?」って尋ねると

「5kmと10kmのどちらか選べます。

会社のメンバーも何人かでるので

ぜひ参加してください。」ということで

老体の身体にムチをうち

5kmに参加することにしたマレーシアのMです。

 

ゴルフのない休日朝に散歩がてら歩いてはいたものの

走るとなるとかなり不安。

「多少、練習をしておくか」ということで

住んでいるコンドミニアムにあるジムのランニングマシンで

8月1日から練習をすることに。

夜、予定がないときは

仕事が終わりコンドミニアムに戻るとともにウエアに着替え

ジムに行き、そのあと風呂に入るという

なかなか充実した生活。

最初は、なかなか走るのがつらかったのですが

最後はそんなに苦労なく走れるように

なってきてました。

 

そして大会3日前、参加する人にその日に着るシャツと

ゼッケンが配られました。

UPMからは参加者15人。(従業員100人弱の会社です)

みんなのテンションも最高潮??

 

そしていよいよ大会当日、朝7時スタートなので

1時間前(まだ暗い)から受付をして、

参加者全員で準備運動。

そしていよいよスタート。

 

でもセレモニーとか写真撮影等でなかなかスタートしない。

結局、15分ほど待たされてスタート。

これもマレーシアでは、よくあること。

スタートして、いきなり上り!!

やっと、上りが終わったかと思ったら

また、上り。

最初から上りばかりでテンション下がりっぱなし。

マシンで練習してきた私は上り下りの練習は

してなくて結局、ランニングではなく、ウォーキング。

まっ、ほとんどの人がウォーキングでしたが…。

 

でも5kmのコースでも2か所の給水場があり

本格的。(1か所で十分という気もしましたが…)

山あり谷ありのコースでしたが、

全員無事完走。

ゴール後は1人1人メダルをかけてもらって

景品もいただきました。

なかなか、すがすがしい日曜日の朝でした。

 

 

 

みなさん、こんにちわ。

マレーシアのMです。

マレーシアの魅力の一つでありますShopping.

 

私が住む首都クアラルンプール近辺では

日本から「イオン」や「伊勢丹」等が出店していて

人気があるのですが、この7月29日から

「アウトレットショップ」も進出してきました。

その名も

「三井アウトレットパーク

クアラルンプール国際空港セパン!!」

その名のとおり、「クアラルンプール国際空港敷地内に

建設されたASEAN最大級のアウトレットモール」

オープニングにはマレーシアの首相も

かけつけたほど。

この空港近辺は、このショッピングモールをさきがけとして、

住宅やレジャー施設、商業施設として拡大していくようです。

 

以前から空港に行く際に建築しているのは確認していたのですが

やっとオープンしました。

実は私、日本に一時帰国した際は、毎回のように自宅の京都から近い

竜王のアウトレットショップに行くほどアウトレットショップは大好きで

今回のマレーシアでのオープンはASEAN最大級ということもあり

大変興味を持っていました。

そしてオープンして初の土曜日であります8月1日に行ってみることに.

 

 

大々的にオープンして初の土曜日、

混雑が予想されることから

オープンする朝10時に到着するように行ってみると…

あらっ??

予想に反して…。

それにASEAN最大級というほど

大きくない。

 

よく調べてみると

まだ、これは1期工事完了しただけで

この後、2018年に2期工事、全部完成する

3期工事が完了するのは2021年とのこと。

ちょっと片すかしをくらった感じでした。

 

でも、空港とは1時間に2~3回のシャトルバスが

でていたり(おそらく空港までは10分程度)、

自動チェックインができたり、

空港のフライト情報が見えたりして

観光客もフライトの待ち時間をここで過ごせて

まだまだお客様は増えそうな感じはありました。

 

その中で、このお店↓

日本語ちょっとおかしいような…??

「極度乾燥(しなさい)」って??

みなさん、こんにちわ。

マレーシアのMです。

マレーシアではイスラム教の方は

先月から今月にかけて1か月間断食月のため

日中は食事や水をとることができません。

その時の土日を利用して

ランカウイにゴルフに行ってきました。

ランカウイはマレーシア北西部にある島で

ヨーロッパからもたくさん観光客が訪れる

一大リゾート地。

島全体が免税であることでも有名です。

我々が住むクアラルンプール空港からは

飛行機で1時間ほど。

土日にゴルフをすることもあり

金曜日に仕事が終わり即刻自宅に戻り

予約していたタクシーでKL空港へ。

KL空港発ランカウイ行は最終便で21:50発。

 

その日、自宅から夕方6時半にタクシーに

乗り込み、運転手さんに

「今、断食月だけど、運転手さんも断食中?」と私。

「そうです。7時半になると食べれるんです。」と運転手さん。

「断食中は、おなかが減っているのでみんな運転が荒いけど

運転手さんは安全運転でお願いしますね」

「大丈夫、大丈夫、私は安全第一です。」

といいながら、他の仲間と電話したり、横に知り合いの

タクシーの運転手さんがいたら窓を開けて

「もうすぐ食べれるなぁ。」みたいな話をしながら

運転している。

こちらとしては気が気ではない。

また、通常なら1時間弱で空港まで到着するのですが

週末の夕方なので道も混んでいて、なかなか到着しない。

そうこうしているうちに、断食が解除される7時半近くに。

 

空港での待ち合わせ時間が7時半だったこともあり運転手さんに

「食事は、私を空港に送ってから行くんでしょう?」って聞くと

「朝からなにも食べてないし飲んでないのに、そんなの待ってられないよ。

でも大丈夫、パンとジュース買ってあるから」と言い、

買ってあったパン3つとジュース2本を私にみせた。

 

すると7時半になってラジオからなんかお祈りみたいな音がして

その運転手さん、やはりかなりのどが渇いていたのか

いきなりまずジュースを1本をがぶ飲み。

そしてパンもムシャムシャ食べ始め、私に

「おまえも食べるか?」って

「いらんいらん」と私。

 

結局、10分強遅れて到着。

でも、運転手さんがジュースがぶ飲みしてパンを食べたあとの

連続した「ゲップ」がひどいことひどいこと。

少し気持ち悪くなりました。

 

 

 

みなさん、こんにちわ。 マレーシアのMです。

みなさん、ドリアンって食べたことありますか?

そう、「果物の王様! 」

調べてみると、

マレー半島が原産地で

ある国王が精力増強のために食べていて

最初は「 王様の果物」と呼ばれていたのですが

今では、ひっくり返って「果物の王様」と呼ばれたそうな。

 

私、マレーシアに来て、6年が経ちますが

今まで、2~3度しかドリアンを食べたことがなく

その時は普通に「こんなもんか」なんて思っていたのですが

「美味しいのは、くせになって何度も食べたくなる」と

みんなが言うので本当においしいドリアンって

どういうものか興味があり、ローカルの人に

「これが絶対に美味しい!」っていうドリアンを食指に

連れて行ってもらいました。

6~7月と12月の年二回、ドリアンの季節があって

今がまさしく旬の時期。

それもドリアンを割ってすぐ食べる方がおいしいというので

直接みんなでお店へ。

お店といってもトラックにドリアンが積んであるだけ。

 

ここで問題です。

↓(上)と(下)、どちらが美味しいドリアンかわかりますか?

(上)

(下)

実は、(下)がおいしいドリアンで値段はRM30(約1,000円)/kg。

だいたい1個2kgなので、1個2000円ぐらい。

おいしいドリアンていうのは、茎が切っていないものらしく

(上)の写真のように茎がスパッと切れているのは

実が熟す前に人がカットしたものなのでそんなに美味しくなく

(下)の写真のように茎の切口がスパッと切れていないものは

十分に熟して木から自然に落ちたものなのでおいしいという

ことらしいです。

ちなみに(上)のドリアンの値段はRM12(約400円)/kgで大分安い。

 

そしていよいよ実食。

もちろん高い方。

まず、おじさんが割ってくれます。

 

中の実が黄色くて濃い。

明らかに熟しているのが、わかる。

今まで食べたドリアンはこれほど黄色くなく

同じ黄色でももっと薄い。

これは期待。

一口手に取って食べてみる。

中に種があるのですがその周りの果肉を

吸い付くように食べる。

 

よくクリームチーズの風味と言われていますが

まさしくその通りでクリーミーな食感。

味は、バナナのような、クリームパンのクリームのような、

チーズのような、ケーキのような…。

あまりうまく言い表せないですが

ものすごく美味しい。

匂いもそんなに気にならず

結局、丸一個食べて、満腹。

 

しかし、時折、胸からこみあげてくる息が

何とも言えない匂い。

その日は、人とあまりしゃべらないようにしました。

多分これ、くせになります。

あーー、ドリアン食べたい。

 

 

 

みなさん、こんにちわ。

マレーシアのMです。

この上田鍍金のブログにもよくでてくるのが

スイーツとラーメンネタ。

いつも日本のものは、おいしそーなんて思いながら

遠くマレーの地からブログを拝見していますが

日本にも負けないものが、マレーシアにもあった?

というお話。

 

それもインスタントラーメン。

 

インスタントラーメンというと、やはりこちらでも

私、日本のものを買うことが多いのですが

唯一今までに日本以外のラーメンを買っていたのが

韓国のこれ↓

私、辛いのが苦手なのですがこの辛さはぎりぎりOK.

それなりに美味しいのです。

これ、日本でも売ってますよね。

 

でも、それ以上に美味しいってうわさのインスタントラーメンが

マレーシアのペナン発祥の「ペナンホワイトカレーヌードル!」

 

これ、世界中のインスタントラーメンを食べて採点しているアメリカの

評価サイト「Ramen Rater」で2014年版袋麺トップ10ランキングで

ナンバー1に輝いた袋麺とのこと。

そうです世界一美味しい袋麺なのです。

 

人気があり売り切れが続出しているといううわさでしたが

私が住んでいるコンドミニアムの下にあるショッピングセンターで

売っていました。

確かに他に並んでいるラーメンより

極端に在庫が少ない様子。

やっぱりかなりの人気??

「ペナンホワイトカレーヌードル」4つでRM9(約300円)

袋麺にしては、ちょっと高い目ですが

世界一のラーメンなら仕方ないところ。

 

早速、家に帰り、中を開けてみました。

麺のほかに

魚介類を使った調味パウダーと

ココナッツミルク粉末パウダーと

ガーリック、オニオン、小エビなど30種以上の

天然素材を使ったカレーベースのペーストが

入っています。

 

作り方は、中国語と英語、マレー語で袋の裏に記載。

なんとなくわかります。

そして、家にあったエビとシイタケを入れて

作ってみました。

 

明らかに辛そーー。

それにあまり美味しそうでない。

 

仕方なく恐る恐るスープを口にすると

カーっと喉に痛みがくる辛さ。

んーーん、あきらかに辛い。

でもココナッツミルクの粉末が効いているのか

あとからクリーミーというかものすごくまろやかな後口。

担々麺も辛くて美味しいのですが

それとは違った今まで全く味わったことのない味。

クセになりそうな味で麺も美味しい。

 

なるほど世界一というのも少しわかる気がしました。

日本に(たぶん)ない味のラーメン。

今度の日本土産、これにするかな。

 

こんにちわ。マレーシアのMです。

先般、年2回の会議で日本に戻ったときのお話。

 

一時帰国した際、会社に行くときは概ねちょっとした土産なるものを

持っていくのですが、マレーシアの土産ってなかなかいいものが

ないのですよね。

だいたいチョコレートが多いんですけど

今回は2名で日本に戻ったので、だぶってもダメだと思い

チョコレート以外で探していたら、

土産物屋で「おいしーよ。おいしーよ。」っていう声。

ふっとみると生姜の飴。

生姜なので、喉にもいいし、一つ一つ小分けにも

なっているしこれを買うことにしました。

 

家に持ち帰り、どんなにおいしいのか興味本位で

ためしに一つ口にすると強烈にからい。

でも「カーッ!」と言いながら、

無理して食べたあと、喉はすっきり。

うーん、強烈だけれども健康にもいいし

これを会社の人にお土産として

渡すことにしました。

 

日本に戻り、お土産を渡した後のみんなからの

反応がすごかった。

 

「辛い!」「まずくて吐き出した。」等々。

結局、後でわかったのですが、これって飴ではなくて

お湯で薄めて飲むものだったみたい…。

 

みなさん、ごめんなさいね。

やっぱり今後はチョコレートにしますね。

 

そして、

この間のゴルフで開発Oさんに完敗してしまったので

私も買いました「カチカチ」を。

開発Oさんと同じように、臨時収入が入り

無駄使いするともったいないので思わず

買ってしまいました。

これで多分、次回は大丈夫でしょう⁇

 

 

 

 

 

 

 

こんにちわ。

マレーシアのMです。

マレーシアに赴任してから飛行機に乗る機会が

多いのですが、いつも不思議に思うのが

飛行場の手荷物検査で飲料水は取り上げられるのに、

手荷物検査後購入した飲料水は

機内に持って入ることができるということです。

これは、手荷物検査した後に販売されている

飲料水はきちんと検査され安全であるものなので

問題ないからだと思うのですが、

今回、マレーシアのKLIA(クアラルンプール国際空港)から

関西空港にむかうときに起こったお話。

 

KLIAから関西空港にむかうマレーシア航空の

出発時刻は夜の11時45分。

いつものようにチェックインし手荷物検査を終え、

ゲートオープンを待っていたのですが

その日は、少し風邪気味で、いつも機内は乾燥するので

咳などでると他の人に迷惑がかかるのも嫌なので

水を買って機内に入ろうと思い

水を探していると、EVIANが売っていました。

EVIANは高いので普通の水でもよかったのですが

その店には、たまたまEVIANしかなく

もう時間もなかったので、EVIANを買うことにし

値段を聞くとRM19(約600円)。

高い!あきらかに高い!

マレーシアも、この4月から消費税(GST)6%が導入され

全体に値上がりしているのですが、それにしても高い。

でも、ほかの人に迷惑かかるのも嫌なので

買うことにしてゲートに行きました。

 

ゲートに行くと、また、手荷物検査が・・・。

(そう、KLIAは関空と違ってゲートに入るときに

もう一度、手荷物検査があるのを忘れていました)

一応、聞いてみようと思い、

「水は持って入るのだめなの?」って聞くと

案の定、「水はダメ。置いて行ってください」って

言われ、しぶしぶその場で少し飲み、置いていくことにした。

 

8割以上残っていてもったいないけど、手荷物検査があることを

忘れていた自分も悪いし仕方ないなぁと思い、ゲートに入って

機内への案内を待っていると、

2~3人、水をもって入っている人がいた。

これ、どういうこと??

 

 

こんにちは、マレーシアのMです。

前回に引き続きフロリダ、オーランドの

WDW(ウォルトディズニーワールドリゾート)に

行ったときのお話です。

このWDWは、4つのディズニーパーク、2つのディズニーウォーターパーク、

6つのゴルフコース、レースサーキット、20のリゾートホテルが

立ち並ぶ世界最大のアミューズメントリゾート。

何と敷地面積が約122k㎡で、東京の山手線が2つ丸ごと

入ってしまうぐらいの大きさ。

今回はゴルフはしていませんが、こんなバンカーがあるらしい。

ホテルからは非常に簡単。

特に時刻表もなく行きたい場所行きのバスがきたら

乗るという方法。各パークは、朝8時から夜中の1時まで

オープンしていてバスはその前後1時間は走っています。

待ち時間は、うまくいけばすぐに乗れるし30分から40分待たないと

乗れない場合もあるとのこと。

我々は、よく待って15分ぐらいで常に乗れました。

まず、行ったのが「ディズニーハリウッドスタジオ」

映画がテーマのパークです。

ホテルチェックインの時、もらったマジカルバンドと

指紋認証で入場。

行った日は、3連休の最終日の祝日だったらしいですが

午前中は、ガラガラでほぼ待ち時間なしで

アトラクションにも乗れました。

 

これ↓わかりますか?

「蒸気船ウィリー」です。

ディズニーのことをよく知っている人ならよく耳にする

「すべては一匹のねずみから始まった」というフレーズ。

ミッキーマウスが初めて大衆の前に姿を現した作品が

「蒸気船ウィリー」です。1928年の作品とか。

 

ここ「ディズニーハリウッドスタジオ」は

ディズニーの映画だけではなく

「インディージョーンズ」のショーをやっていたり

日本にもあるタワーオブテラーは、ここにあります。

 

そして日本にはない乗り物。

「ロックンローラーコースター」

エアロスミスの曲にのって暗闇を疾走する

ジェットコースターで1.2の3で急激に

弾丸スタートするのが名物。

何かわからないままに左右に曲がったり

回転したりで・・・これ、酔いました。

 

そして夜は感動の「ファンタズミック」という花火のショー。

きれいで本当に感動的だったのですが

さすがに旅行会社の人がおっしゃっていた昼は25℃、

夜は0℃の世界がやってきて、寒くて寒くて…。

でも、ディズニーシーより距離が近くて

すごい迫力でした。

あっという間の一日。

夜1時まで開いているのですが、あまりに寒いので

早い目に(早い目といっても10時過ぎてましたが…)

帰りました。

まだまだ続きます。

 

 

 

 

こんにちわ。マレーシアのMです。

WDW(ウォルト ディズニー ワールド リゾート)に

行ってきました。

マレーシアに単身赴任して6年目。

家族にも不便をかけていることを反省するとともに

今年は銀婚式ということもあって、思い切っての

家族での海外旅行。

 

「そういえば、家族で海外旅行なんて初めてやなぁ」と

思いながら、チャイニーズニューイヤーの休みを

少し長い目にいただいて行ってきました。

 

WDWはアメリカのフロリダ州オーランドにあります。

関西空港からの直行便はなく、今回はサンフランシスコ経由で

オーランドの空港目指し飛行機に乗っているだけで約15時間。

乗り継ぎの待ち時間も入れると約20時間の旅。

夕方6時関空出発で、到着したのが現地時間で

その日の夜11時すぎ。

日本との時差14時間。

フロリダって気候もよく、暖かいイメージを持っていたのですが

到着して旅行会社の方に聞くと、

「今の時期(2月)はお昼は25℃ぐらいで

過ごしやすいのですが夜は0℃近くになる」とのこと。

「1日約25℃の寒暖差、体験してみてください!」って

「そんなの体験したくないわ」とか思いながら

送迎のバスに乗りホテルに向かいました。

 

ホテルはパーク内のリゾートホテルで

「オールスタームービーリゾート」というホテル。

空港からは約30分。

「ムービーリゾート」というだけあって

ホテルのいたるところに各ディズニー映画キャラクターの

大きなオブジェ、ホテル内の壁にはディズニーの絵等が

飾られています。

部屋の中にもいたるところディズニー?

そしてまずチェックインの際、配られたのが

このバンド。

これ、マジックバンドといって

このバンドが

・ホテルのルームキー・・・かざすだけでホテルの出入り可能

・パークチケット・・・かざすだけでパークの入出場が可能

・ファストパス・・・これをかざして一日3アトラクションのファスト(優先)パス取得可能

・フォトパス・・・各パーク内各所にいるプロのカメラマンに写真を撮ってもらい

その後これをかざすだけで後ほど気に入った写真があれば購入可能。

それに登録すればこれでカード決済も可能というすぐれもの。

以前は、カード形式だったらしいのですが、カードは紛失する人が

いるため2013年秋からこのバンドになったとのこと。

 

そして翌日、いよいよパークデビュー。

日本では経験できないことが、起こります。

次回に続く。

みなさん、こんにちわマレーシアのMです。

先月末にCOCO壱マレーシア1号店ができたと聞いて

早速行ってきました。

COCO壱のカレーは、日本に一時帰国した時に

必ず食べる食事の一つ。

今まで海外では、タイやシンガポールなどに出店しているのは

知ってましたが、マレーシアはイスラムの方が多いので

出店することはないのだとあきらめていたのですが

家から車で10分ぐらいのショッピングセンター内に

突如オープン。

オープンの情報を得て、すぐその夜に行きました。

これが、メニュー。

ほぼ日本と同じ。

日本語表記もあり、非常にわかりやすい。

ただ普通のごはんの量が、確か日本は300gだったと記憶していたのですが

こちらは260gでなぜか少し少ない。

日本でよく私が注文する「牛しゃぶソーセージ」と「やさいサラダ」を

注文。(辛さ、ごはんの量は普通で。)

そして待つこと5分。

ついにきました「やさいサラダ」。

ん、ドレッシングも日本と同じ。

そしてさらに待つこと10分。(待ち時間、長い)

きました待望のカレー!

マレーシアでCOCO壱のカレーが食べられる日が

くるなんて・・・。(感動)

しかし一瞬、同じように見えるのですが

あきらかにルーがドロドロしている。

基本的にさらさらよりどろどろのルーの方が

好きな私であるがちょっとドロドロしすぎの感。

そして食べてみたが塩辛い。

明らかにルーを煮込みすぎである。

基本的に味はいっしょなのに、おしい!!

それと何か足らないと思ったら「水」がない。

注文すると、もらえるのかもしれませんが

結局「水」なしでカレーを食べました。

「水」なしでカレーを食べたの初めてかもしれません。

気になる値段は、

「牛しゃぶソーセージ」と「やさいサラダ」でRM31.60.

(約1,000円強)。

レシートをみると、「オープニング値引きRM5.56(約180円)」と

書かれてました。

オープンして間もなく、値引きもしてもらっているので、

味は次回に期待です。

今、日本の外食産業がたくさんマレーシアに出店してきています。

近々、違うショッピングセンターに「吉野家」と「はなまるうどん」も

オープンするようで食の選択肢が、また広がり我々日本人には

嬉しい限りです。

あとは、「餃子の王将」待ちです。

 

こんにちわ、マレーシアのMです。

マレーシアは、熱帯雨林地帯ですので

よく雨が降ります。

雨が降るとすぐに車が汚れてしまいます。

あまり車に興味がない私でも月2回ぐらいは洗車しています。

洗車しているというよりか正確には、してもらっています。

洗車してくれるところは、いたるところにあって、

よくあるのがショッピングセンターの中。

買い物している間に

車を預けて洗っておいてもらうっていうやつです。

でもそこそこの値段するので今まで使ったことが

ありません。

 

私がいつも使うのは会社の近く。

洗車1回、RM10(約330円)

車高の高いのはRM12(約400円)。

洗車のやり方ですが、至って簡単。

車を所定の位置に停めます。

そうすると係の人がきて、洗ってくれます。

いつも4~5人で1台を洗ってくれるのですが

この日は、休んでいる人が多く2~3人で応対してくれました。

まず、水をかけて

洗剤のようなものをかけて

スポンジで拭きます。

そして水洗い

ホイールも丁寧に洗ってくれます。

一通り終わると、車を少し移動させて

簡単に軽く拭きとり、

今度は社内の清掃。

掃除機でごみを吸い取り、ぞうきんでふき掃除。

マットも清掃してくれます。

前回は洗うだけ洗ってマットを戻すのを忘れていて

後ほど取りに戻ると違うマットに変わっていた。

これも、ご愛嬌??

トランクの中まできれいにしてくれて

タイヤも念入りに。

最終外装を拭いて終了。

どうです?

この時は、スタッフが少なくて15分ぐらいかかりましたが

いつもなら10分ぐらいで完了です。

この洗車場、サービスがあって5回利用すると1回無料。

安い!

 

 

2019年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

カテゴリー