こんんちは、総務のFです。

甲斐の虎と恐れられた戦国武将、武田信玄公の墓所”のお話を少しさせていただきます。

 

数ある墓所の中の1つで最も本来の墓”である可能性の高い場所とされる地である墓所は

信玄公の拠点 甲斐国山梨県甲府市内にあります。

旧躑躅崎館、今の武田神社にほど近い所に ひっそりと それ”はあります。

訪れる人は思いのほか少なく、風林火山の御旗(のぼり)も掲げてあるのですが

意外や大変地味な雰囲気です。

 

謙信公のように寺内にあるのでなく、観光地とは少し離れた場所にあるだけに余計に寂しく感じる

場所でした。

 

己の死を3年伏せることを遺言とした信玄公の骸(むくろ)はこの地にて荼毘に伏せられました。

墓石には「法性院大僧正機山信玄之墓」の名が見て取れます。

武田家は、天目山にて四郎勝頼が自刃し滅亡となります、お国替えを経て現世まで続いている

上杉(長尾)家との違いがこの墓所を見、肌身で感じてしまいました・・・・

 

3年この地で眠った信玄公の骸はその後、他に移されたそうであるが(諏訪湖の底で眠っているとの説もあり)

埋葬地は未だに不明とのことです。

 

 

墓所には県の天然記念物「岩窪ヤツブサウメ」をはじめとする木々が青々と生”を謳歌していたのが印象的でした。

 

 

 

 

 

 

 

2022年6月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

カテゴリー