こんにちわ。

開発Oです。

2週間程前、次男が学校行事の振替で平日休みになったので

休みをもらい仕事サボって家族でUSJへ行ってきました。

初めてね。(笑)

 

ハリポタエリア(証拠写真)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ところがですね。


開発U君がその後の3連休にUSJに行って

ブログに書いとるやおまへんか。(# ゚Д゚)つ〃∩ ゴルァ ゴルァ ゴルァ

順番負けやがな。

という事で、USJについてはここまで。

 

本題です。

ラグビーW杯、ブレイブブロッサムズ(ジャパン)の戦いが終わりました。。。

予選プールで3勝して決勝トーナメントに行けない、という大会史上初めて

のケース。

残念というほかないですね。

しかし勝ち点を見ると予選敗退チーム中の1位!

という事は世界第9位という事です。

 

お見事!

 

しかし、その成績以上に試合内容が世界中のラグビーファンを引き付けた

というのが大きなインパクトでした。特に南アフリカ戦の内容と最後の逆

転劇については世界中のファン、例えばニュージーランドやオーストラリ

アなどの強豪国のファン達から賞賛のツイートの嵐です。

 

激しいタックル、そこからすぐに起き上がり次のプレイに向かう、ペナルティ

の非常に少ない規律の取れたディフェンスと、過度にキックを多用しない

アタッキングオフェンス等がリズム・テンポを作るので見ていて気持ちが

良いのだと思います。

 

目の肥えたラグビーファン達を虜にするような、本当に素敵な試合でした。

私はライブでテレビ観戦してましたが、本当に胸が熱くなる、思わず大きな

声が出て、涙ぐんでしまう状況でした。

 

ちなみにその試合を実況したアナウンサーの見事な実況ぶりは「神実況」と

言われて話題になってます。(笑)

⇒YOU TUBEで検索して是非一度観て下さい。

 

それにしても本当に強くなりました。

2019年の日本開催のW杯が今から楽しみです。

必ず試合会場に足を運びたいと思います。

 

あと1つラグビーの試合で特徴的な事があります。

試合終了を「ノーサイド」と言うところです。

試合が終われば敵味方関係なくどちらのサイドでもなく仲間だ

という意味と言われています。

 

確かにあれだけゴツゴツぶつかり合い倒しあってたのに

ノーサイド後、両軍ベンチ組も含めて入り混じった形で

2列に分かれて検討を讃えあいます。

それぞれのチームに分かれた上で、2列並んで握手やハグなどが

普通ですよね?

 

ノーサイドの瞬間2チームの選手数十名が1つの団体になるとい

うイメージです。

他の競技ではまず無いですね。

 

ラグビーという競技を象徴するシーンで、見ていていいなぁと

感じる場面の1つです。

 

ありがとうブレイブブロッサムズ!!

 

我々も感動を与えるような仕事をしなければ。。。

 

と結んでおくとしよう。。

 

 

 

 

 

 

2020年6月
« 5月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

カテゴリー