こんにちわ。

上田メッキ営業のWです。

昨年より社会現象にもなっていたクイーンの映画、『ボヘミアン・ラプソディ』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ロングラン上映しているので余裕をかましていましたが、映画館で見られなくなると
困る、という事で先月にようやく鑑賞してまいりました。


その後アカデミー賞にて主演男優賞をはじめ、4冠受賞したのも記憶に新しいです。



私の奥さんは、私が普段聞いているヘヴィメタルには嘔吐感を覚えるようですが
クイーンは好きみたいですので一緒に鑑賞してきました。



クイーンは大好きなバンドですので映画はとても楽しく鑑賞しました。
号泣まではいかずとも、涙腺が緩んだ箇所もありました。


題名にもなっている、クイーンを代表する名曲『ボヘミアン・ラプソディ』ですが

『この曲を余すことなく聴きたいならなんちゃらの7.1ch仕様』

なんて言うてる人(店員?)が世間にいるようですが笑止千万。

彼らがテープを何度も何度もオーバーダビングしながら、あくまでもL、Rの2チャンネル
で聞かせる前提でレコーディング、編集にベストを尽くしたオリジナルバージョンで
鑑賞してほしいものです。

そうです、私は何事にも原理主義者なのです。

この楽曲が収録されている『A Night at the Opera』はCDで所有していますが、当時の
音源であったレコードで聞いてみたいな、というわけでこれ買いました。

ディアゴスティーニ クイーンLPレコードコレクション

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんと創刊号は190円、ではなく1,980円です(2回目以降は2,980円)。
これぞ、リアルハイレゾやで…。

ちなみに、レコード購入時点ではレコードプレイヤー所有なしの状態です。

と、いうわけでレコード&オーディオ談義は次回に続く。

 

 

 

 

2019年4月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

カテゴリー