こんにちは。

営業のYです。

先日、春の健康診断がありました。

ちょっと太り気味?    ちょっとメタボ?  的な わたしとしてはうれしくない行事です。

まあ体型については いろいろご批判はあるでしょうが  ・・・・・

 

レントゲン ・ 尿検査 ・ 体重 ・ 身長 ・ 視力 ・ 聴力 ・ 血圧 と進みます。

ちなみに体重については0.1トンは有りませんでした。

体重を計ってハイ肥満ですと言われるのも精神的なダメージとしてなかなかのものですが、

それにも増してわたしは注射(採血)が得意では有りません。

もともと血管が出にくいと言う事も有り、採血する事を考えただけでブルーになります。

これも少しぽっちゃりしているせいでしょうか?   ( ご批判は受け付けません。)

 

ついにその時がやってきました。

案の定、血管がなかなかでません。

なんとか看護婦さんが血管を発見!

少しちくっとしますよ~と ブスリ!

看 : ん!       血が出てこない!    ん!・・・・・

看 : もう一度やり直しても良いかな?    ( 優しく言われたので 一応承諾。)

再チャレンジ!

看 : 少しちくっとしますよ~      ( もう言わなくてもいいですよ。)

今度は上手くいった様で、採血容器に血が貯まりだしました。

看 : ん!    血が止まった。    ん!・・・・・

採血の規定量に到達する前にSTOP!      あと2CC足りない

Y  : もういいんじゃないですか?  2CCくらいなくても。

看 : やあ- でもないと困るんですよね~

看 : 次で終わるので左腕はあきらめて、右腕にしましょうか?  (おいおい)

しぶしぶ承諾。

再々チャレンジ! 右腕編

こちらも案の定、血管がなかなかでません。

一生懸命探して

少しちくっとしますよ~   (もう3回目~)

看 : ん!       血が出てこない!    ん!・・・・・  ん~!

注射針を抜いて

看 : おかしいな? ちょっと自信がなくなってきた。

先に診察を受けてから仕切り直ししましょうか?    (おいおいおいあきらめてないんかい)

やさしい看護婦さんだったので今回もしぶしぶ承諾。

診察後   再々々チャレンジ!

さすがに少し自信消失気味のようで ・・・・・

看 : これでアカンかったら、ほんま申し訳ないな~         はあ~

そこに血圧を測定していた看護婦さんが突然

看2 : じゃ私が代わりましょう。

なかなか かっぷくのいい いかにもベテランと言う看護婦さん登場。

看2 : じゃいきますよ~   (ちくっとしますはないのね)

なんとか残り2CC採取成功!  さすが!

病院の方々より喝采が上がりました。

看 : よかった~

一応、付け加えておきますが、はじめの看護婦さんの腕が悪い訳ではありません。

ほかの人は全然問題なかった様なので。

結果、きらいな注射を4回も打たれ、私の腕がボロボロになったことは言うまでもありません。

いまだに痛いです。

 

 

 

 

2022年6月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

カテゴリー