こんにちは、上田メッキ開発Uです。

以前、ブログで紹介した私の大好きな『glee』について。

 

以前紹介したときはまだ見始めたばかりでしたが、既にDVDでレンタルされている分は全て見ました。

現状、レンタルされているのはシーズン1~シーズン5まで、シーズン毎におよそ22話あり、

1話が約45分なので、、、夜な夜な見ていました。

 

以前、「ドラマの最大の魅力は歌とダンス」と言いましたが、それはその通りで、やはりパフォーマンスが素晴らしい。

TSUTAYAで貸出されているgleeのアルバムはすべてレンタルしました。

シングルで出されている曲はアルバムには収録されておらず、iTunesで購入するしかないので

ひとまず我慢しています。

アルバムだけでもシーズン5までで約300曲あります。

iPodをランダムで再生すると3曲に1曲はglee、つまり3曲に1曲はスマイル。

笑顔になれます。

 

そんなgleeは、ただただ歌って踊っているだけの単なる青春ドラマではく、アメリカにおける様々な社会問題をテーマに掲げています。

人種差別、薬物依存、身体障害、同性愛、アルコール依存、未成年の妊娠etc。

 

このドラマでの主要人物であるフィン役を演じていたコリー・モンティスは、社会問題となっている薬物依存で

リハビリを受けていましたが、飲酒とドラッグにより、31歳という若さでgleeが完結する前にこの世を去りました。

コリーは、素直で朴訥とした人柄で優しく、多くの人に愛されていました。

この事実を知ったとき、私もたいへん衝撃を受けました。

 

gleeの中心的存在であるレイチェル役を演じていたリア・ミシェルは役中でもプライベートでも

コリーと交際しており結婚間近でした。

そんな中でのコリーの死に、リアは一体どんな思いだったか、、、。

gleeのスタッフ、キャスト全員でコリーの死の悲しみを押し殺し、コリーと私たちファンの為にドラマ撮影は続きました。

そこには、大切な人との突然の別れ、悲しみ、がリアルに描かれています。

 コリーとリア

 

 

少ししんみりしてしまいましたが、視聴者を前向きな気持ちにしてくれる本当にいいドラマです。

私は今DVD購入を検討中です。

 

2022年6月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

カテゴリー