こんにちわ。

上田メッキの営業Wです。

 

いや~、上田メッキが誇る色男、品管Sさんのブログ、楽しそうですね。

我々、イケてない面々の憧れの星です!

素足にローファー、赤い服、どうしても石田純一しか脳裏に浮かんでこないのは私だけでしょうか?

くれぐれも彼のように、奥さん以外に「Ki・mi・ni・mu・chu 」にならないよう、生暖かく見守って
おきます。

 

さてイヤミをぶちかましたところで本日のネタ。

先日、保育園卒園及び小学校入学祝いで家内の母に中華料理をご馳走になりました。


『燕燕』

場所は、豆大福で有名なふたばの近くです(京阪出町柳駅より徒歩10分程度)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

外観はこんな感じで、厨房が外から見えたりします。外に並んでいる壺とか、本場っぽい雰囲気です。

内装はこんな感じ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シンプルかつモダンでとてもオシャレです。当日もお客さんはほとんど女子でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まずは前菜盛り合わせ。上から時計まわりで豆腐麺?、チャーシュー、クラゲ、棒棒鶏です。
真ん中のプチトマトは甘酢に浸かっており、食べた事のない味でとても美味でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

黒酢の酢豚

黒酢が効いており大人の味付け

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エビチリ

大きめのエビを使用しており少し辛目の味付け おこちゃまは厳しいかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

香港風やきそば

オイスターソースで味付けしています。こちらは子供もOK

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

焼餃子

本当は水餃子が食べたかったんですが娘の好みで妥協。 小龍包ほどではないですが噛むとスープが。
餃子自体は恐らく水餃子を前提とした、皮モッチリタイプでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

海鮮おこげ

揚げたてのおこげの上からアツアツの海鮮八宝菜をかけて頂きます。その時の音も楽しめます。
おこげがカリカリ状態とじんわり柔らかくなった状態のどちらも美味しい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

中国茶もたくさんメニューにあります。その中から鉄観音を頂きました。
香りがとても個性的で楽しめました。

いやあ、どれも非常に美味しかったです!

予約した家内の話では、このお店もなかなか予約が取れないんだそうです。

当日も、予約にて満席の札がかかっていました。

本当は2月に予定していたのですが、旧正月のため休業されていました。経営は中国系の方なんでしょうね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そういえばトイレもこのような飾り付け

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

レジの横にはお土産で中国茶や謎の青春ジャージ。青春とか、台湾とかのロゴ入りジャージです。

そういえばお店の人は台湾と書かれたジャージを着ておりました。現地で流行ってるのかな?

また再訪したいと思います。値段も良心的ですし、予約さえ取れれば気軽に行けると思います。

京都グルメ、なかなか奥が深いですね。まだまだ知らないお店がありますので今後もできるだけ
紹介していきます。

 

 

 

 

 

 

 

2020年8月
« 7月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

カテゴリー