先日、マラソンイベントに参加してきました。

その大会は42.195Kmを周回コースでリレーします。

1チームは最大20名。それなら1人2Kmちょい。

私のチームは4名で私は5周を2回走り

その前後間で、残り3名が繋ぐ形を取りました。

小1のJr.が以外と合計5周約10Kmを 走った事にびっくり

成長を感じている品管-Sです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなランニングも やはりトレンディなアクセサリーから入ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

goodrのグラサン

GARMINのGPSウォッチ

グラサンとか時計はどうでもいいですが

シューズはシビアなギアです。

私の足は日本人に多い甲高幅広タイプ と言う事もあり

昔から洋モノは足に合わず選択から排除してました。

なので日本人の足形を知り尽くした

アシックスやミズノシューズでした。

そこでランニングシューズと言えば三村さん

アシックスで定年まで数々のオリンピック選手に貢献し

定年後、アディダスで青学の箱根4連覇に貢献

現在はニューバランスと共同開発中。

そんなニューバランスのHANZOシリーズにしよう

もしくはアシックスにと 心に決めシューズショップへ

店員に私の練習メニュー、膝の怪我、これまでのシューズ歴等

全てを伝えた結果のお勧めがなんと アディダス!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私)いや、だから足形が!

アディダス、ナイキ、プーマ等々はない。

店員)いや、アディゼロです。

アディダスが日本人の為、ゼロから作り上げたシューズです。

 

 

足入れした感触、悪くない。

クッション性が良く少し厚底だが薄底感覚でスピードが出そう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかしフィット感は国内メーカーに劣り、少しかかとも浮く。

でも、ここは店員を信用し購入することに。

早速、二条城で試走。 めっちゃいい!!

1kmのタイムが速くなってる。 お~餅は餅屋。 彼に感謝。

次の2足目  もちろん彼の元へ、

NIKEの厚底を購入。

彼のお勧めではなく、私が調子に乗って洋モノを選択。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

世間のシューズトレンドは箱根駅伝で4割がNIKEの厚底

また先日の MGCでは5割以上がNIKE厚底で

ピンクのお揃いが異様な感じでしたが

世界新、日本新も出してるし、 学生でもプロでも結果が出てるしねぇ。

一般人には扱えないという話も聞きますがトレンドはNIKE厚底なのでしょう。

さすがにトップ選手のヴェイパーフライは高くズームフライです。

更にピンクではなく グリーン。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今月も来期モデルのNIKE厚底でなんと ケニア人選手が

フルで2時間切りタイムを出しました。

バネプレートを強化したようです。

以前のスピード水着のような結末になりそうですが…

 

世間がようやくドクター中松理論に追いついたようです。

 

2020年のトレンドシューズはいかに!

 

 

2019年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

カテゴリー