【読み】

われなべにとじぶた

【意味】

割れ鍋に綴じ蓋とは、どんな人にも、ふさわしい配偶者がいるものだというたとえ。

また、何においても似通った程度の者同士がよいというたとえ。


総務Iです。

先日ホテルグランヴィア京都でディナーを頂いてまいりました。

例によって結婚記念のディナーです。15Fの「サザンコート」というレストランでした。

結婚、22年…だっけ?

 

景色をみながら食事ということで窓に向かって隣に座る。

結婚してから食事では嫁さんはテーブル挟んで反対側に座るのが当たり前に

なっているので、何かやりにくい。

食事については、僕は基本何でも美味しく頂ける人間なので、逆に気の利いた

コメントを思いつかない。

嫁さんの「(パンに付いている)バターが美味しい」というのもどうかと思いますが。

 

帰りに見た京都タワーが綺麗。

 

嫁さんもちょっと変わっているので、僕と20年以上やってこれているのでしょう。

普通の人には無理だと思います。

 

僕「消毒薬もう無いで(出だしからキレ気味)」

嫁「あらいぐまのやつ?」

僕「洗面所の!(キレ気味)」

嫁「あらいぐまの?」

僕「?」

 

知らんがな…。

 

ちなみにアライグマは「病原体のデパート」と呼ばれているほど

ヤバい奴だと最近テレビで知りました。

 

 

2019年8月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

カテゴリー