めっきの種類

Au 金めっき

Au 金めっき

 金は電気伝導性、はんだ付け性、耐食性に優れ、熱、湿度、酸素、ほとんどの化学反応に対して非常に安定であることが特徴です。

要求によりコバルトを添加し硬さや耐摩耗性を向上した硬質Auめっきが、コネクタや接点部品などに用いられます。またボンディング性やはんだ付け性を重視する場合には軟質Auめっきが使用されます。

【可能な加工方法】

特にフープめっきでは必要な部分だけにめっき処理を行うことでAu量の削減に貢献します。


SUS材へのダイレクトAuめっき

Au 金めっき

 通常、SUS材にダイレクトでAuめっきを施しても、密着性に問題があります。それは、SUS材の表面が強固な酸化膜で覆われていることが原因です。

 一般的には、塩酸ベースのNi-st浴で活性しながらNiめっきを付けることで 密着性を確保し、その上にAuめっきを施すという対策が取られております。

 しかし、当社では下地無しでダイレクトに密着性の良いAuめっきを施すことが可能です。 ダイレクトAuの利点として、以下のようなものが挙げられます。
  ①Niアレルギー対策
  ②磁性対策
  ③Ni分の工数が減らせる 

 当社では、全面めっき・部分めっき共に対応可能です。
現在は短冊の部分ダイレクトAuめっきを量産しております。
その他ラック・フープでも対応可能ですので、まずはお気軽にお問い合わせください。

さらに詳しい事例集をお送りします。こちらから資料をご請求下さい

お問合せ 資料請求はこちら

上田鍍金株式会社
高精度めっき加工の開発支援を行います
〒615-0052 京都市右京区西院清水町134
担当:和田・中村まで
お問合せ・資料請求フォーム
  • お電話でのお問合せはこちらから|075-313-5111
  • FAXでのお問合せはこちらから|075-321-4680


このページの先頭へ戻る