加工方法

フープめっき リールtoリール

フープめっき リールtoリール

 フープめっきは、リールtoリールとも呼ばれます。帯形状の製品に対して連続的かつ高速でめっきを行います。全面めっきはもちろん、部分めっきが可能です。

LED用光沢Agめっき

LED用光沢Agめっき

 光沢度は1.2~1.8の範囲で対応可能で、複数のLEDメーカ様への納入実績があります。

さらに詳しい事例集をお送りします。こちらから資料をご請求下さい

硬質Auめっき(Niバリア仕様)

硬質Auめっき(Niバリア仕様)

硬質Auめっき(Niバリア仕様)

 図のような形状の製品では、一般的なドラムめっき方式では一部にめっき漏れが発生し、後工程で剥離工程が必要になりますが、弊社独自の部分めっき装置により、一工程での処理を実現しています。

               特許出願済

さらに詳しい事例集をお送りします。こちらから資料をご請求下さい

硬質Auめっき+部分Snリフロー

硬質Auめっき+部分Snリフロー

 先端側へのSnめっきの後、連続リフロー装置にて部分Snリフロー処理を、Auめっきは独自の省金めっき方式により連続部分めっきを行っています。

さらに詳しい事例集をお送りします。こちらから資料をご請求下さい

ワイヤーボンディング用 軟質/硬質部分Auめっき

ワイヤーボンディング用 軟質/硬質部分Auめっき

ワイヤーボンディング用 軟質/硬質部分Auめっき

 品種に合わせた専用めっき治具を用いてめっきをおこないます。
これにより差厚めっきや裏面めっきなし等、より自由度の高い連続部分めっきが可能になり、Auの使用量削減が可能です。

さらに詳しい事例集をお送りします。こちらから資料をご請求下さい

お問合せ 資料請求はこちら

上田鍍金株式会社
高精度めっき加工の開発支援を行います
〒615-0052 京都市右京区西院清水町134
担当:和田・中村まで
お問合せ・資料請求フォーム
  • お電話でのお問合せはこちらから|075-313-5111
  • FAXでのお問合せはこちらから|075-321-4680


このページの先頭へ戻る