W杯ラグビーが開幕しましたね。

南アフリカ戦、ライブで観てましたが、これまでみた

プロスポーツの試合で最も感動しました。

ちょっと涙ぐむくらい。。

これまでがこれまでだけに、ね。

伏見工が全国制覇した試合を見て以来のラグビーファン、開発Oです。

ちなみにジャパンのスクラムハーフ田中選手は中学校の後輩です。

たいへん誇らしいです!

 

スコットランド戦は残念でしたが、何とか決勝トーナメント進出して

欲しいですね。

 

 

さて今回の話題です。

少し古い話になってしまいましたが、先日の茨城県鬼怒川氾濫時の

事です。

 

自衛隊による救出現場での出来事。

 

自衛隊ヘリが救助に向かった先。

 

 

 

 

 

 

 

 

電信柱にしがみつく男性と、自宅2階バルコニーにいる人。

素人考えだと電信柱の男性の方が危険に見えます。

でも自衛隊が迷わず選択したのは、家にいる人の救助。

その救助直後の事です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

家は倒壊し、濁流に飲み込まれまてしまったのです。

間一髪!

 

その後、電信柱にしがみついていた男性も無事救助されました。

 

電信柱が設置されている = 地盤はしっかりしている。

傾いてもいないので、時間的余裕はある。

 

という事を瞬時に判断し、両者ともに救助された、という

自衛隊の能力の高さを示した例である、と紹介されていま

した。

 

必要な判断を瞬時に正しく行う。しかも危機的な状況で。

災害だけでなく、日常の仕事や生活の中でも危機的状況と

いう事を除けば、これは常にある事と思います。

今回のケースで言えば、日常の訓練の結果、正しい判断が

できたのでしょう。

 

あの時こうしておいた方が良かったかも、と思う事は

数えきれないほどあります。

仕事でもプライベートでも、バンドのライブでも、ゴルフでも、ゴルフでも。。。

ゴルフ2回ゆうてもうた。。

 

なるべく人として正しい判断が素早くできるよう、自己鍛錬をしておかねばと

思い直したニュースでした。

 

 

2019年9月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

カテゴリー