こんにちは。 営業Uです。

 

皆さんは靴の営業マンの話をご存知でしょうか。

 

ある2人の靴の営業マンが

新たな市場を新規開拓するということで、アフリカの奥地に派遣されました。

2人はそこで唖然としました。

そこに住む人たちは、みんな裸足でした。

誰一人、靴なんて履いていません。

 

 

さて、もしあなたが靴の営業マンだとしたら

どのように考え、行動するでしょうか?

 

2人の場合はそれぞれ違うものでした。

 

 

営業マンの1人は、

「誰も靴を履いていません。靴を履くという文化自体がありません。」

「こんな所で靴なんて売れるはずありません!」

と、本部に連絡しました。

 

 

ところが、もう1人の営業マンは

「誰も靴を履いていません。」

「すごい市場です。ここなら全員に売れる可能性があります!」

と、このように報告しました。

 

 

同じ市場でも「ものの見方」により需要のない市場と需要のある市場になります。

靴が売れるか売れないかは別としても 後者の考え方は可能性があります。

ハナから無理だと決めつけては、そこに成功はありません。

ピンチはチャンスなのです。

 

 

しかし、この発想をするのは難しい事だと思います。

この話を読めば、後者の考え方が当たり前だと思うかもしれませんが、

コロンブスの卵のような話で、一番初めに価値を見出すのは難しい事です。

 

めっき仕様がないから諦めるのではなく

ないからこそ、めっきの特性を活かしたご提案ができる企業を目指したいと思います。

 

でも、もしかしたらアフリカ原住民の人はこんな靴を履いていたのかもしれませんね。

 

 

 

 

 

 

2019年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

カテゴリー