さる3月21日~22日にインテックス大阪にて単車の祭典

「大阪モーターサイクルショー2015」が開催されました。

22日に知人ら3名と眠い目をこすりながらインテックスへ向かった総務のFです。

 

これ以降まったく単車の興味がない方は 暗号のような言葉が出てくるため

真面目に読んでいると拷問のような時となる為 飛ばしていただければと・・・

 

会場で人気を博していたブースは なんといってもHONDAとKawasaki

 

HONDAについては話題を独占したのがこの ホモロゲバイク。

 

RC213VS

まだプロトタイプではあるものの

保安部品はしっかり確認できました。

レーサーそのままと言っていいほどの

価格はまともに作れば3000万円・・・

実際の実売予想価格は500万円前後となる見込み。

まぁ・・・私には無縁な・・・

 

 

HONDAは過去にRC30(150万円)やNR750(520万円)

など 規格外れのモンスターを世に送り出している

メーカーだにけ期待も高まる展示でありました。

エンジンレイアウトは希望V5なんですが・・・未発表です。

正直!私には遥か縁遠いバイクですが 出してくれるだけで

業界全体が活気づく商品なので、是非とも街中で見つけて

おおぁ!!

と 叫びたいものです。

 

 

 

さてもう一方の話題の単車は 男のカワサキ こと 川崎重工から

NINJA H-2

単車でありながら1000cc+過給付きと言うカワサキらしい過激な単車です。

こちらもベースはレース用なのですが

270万円での公道仕様車が公開されました。

 

押し出し感半端ない カワサキブラックに

染められた車体はかなり大柄!

フレームはどうやらトラストのようです。

 

 

同じ注目を浴びるHONDAのRC213はスマートで

洗練されたデザインですがこちら H-2 は

ゴリゴリの荒々しいデザイン。

このあたりファン層の違いがハッキリしていて

両社の期待する方向性がよく見えるところです。

ちなみに私はベッドランプの両脇に開けられた過給口に

妖艶な色気を感じました・・・

 

他にYAMAHAからも ホモロゲ仕様のR-1”が展示されていましたが こちらも

なかなかのデザインでした

今回 私的には見て楽しむバイクを紹介しましたが実際私自身、乗ってたそみたい単車を次回

紹介したいと思っています。。。

 

そう!

単車の興味のない方 次回もすっ飛ばしてくだい!!

 

最後までお付き合いくださいった方 ありがとうございました。

最近、頭痛で悩まされている総務Fでした。

 

 

 

 

2019年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

カテゴリー