早いもので、当スタッフブログを開設して1年と2ケ月が過ぎました。。

徐々に協力してくれる人が増え、現在は13名のローテーションです。

 

1度も途切れることなく続けて来られたのは、なかなかすごいもんだと

少し感傷に浸っている、開発Oです。

 

私が初回に触れたのは、ウルグアイのホセ・ムヒカ大統領がリオ会議(Rio+20)

で行ったスピーチに関してでした。

 

私が知った時点でも結構情報が拡散されていましたが、その後どんどん

知名度も上がり、某国営放送などでも何度か特集されていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

かつて6発の銃弾を受け、4度逮捕の2度脱獄、最後には13年近く収監されて

いたという、筋金入りの元極左ゲリラ。

 

世界で一番貧乏な大統領などと呼ばれ、大統領としての報酬の90%程度を

寄付し、公邸には住まず、専用機もないので時々近隣国大統領の専用機に

相乗りさせてもらっている(笑)、友人にプレゼントされた中古のワーゲン

に乗り、中東の富豪が1億円を超える金額で買い取りたいという申し出も

友人が傷つくから、という理由で断った、等々清貧ぶりを示すエピソード

に事欠かない人物です。

 

まぁ失言が多いのも本音で語るが故、というところでしょう。

 

しかし政治家ですので、良い人というだけではもちろんダメですよね。

でも過去10年間(バスケス~ムヒカ政権下)に、財政は持ち直し3倍

の成長を達し、 貧困率は40%から10・5%に下がった

失業率は19%だったのが歴史的な6・5%にまで減少した。

らしいですね。

スペインやフィンランドといった国の外資を呼び寄せ、パルプ精製の

巨大工場建設するなどして、現実的な失業対策などもやっています。

それが原因で隣国アルゼンチンとはかなり揉めたようですが。。

 

さて、今回改めてこの人について書いたのは、この大統領定められた

5年の任期を満了して3月1日に退任されたからです。

 

大統領府の引き渡しをして、退場する際には別れを惜しむ多くの

群衆に囲まれ大変な状況だったようです。

あんまり見ませんよね、こんな光景。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな彼の発言から、いくつかを。。

「金を欲しがる政治家は危険だ」

「私たちは発展するために生まれてきているわけではありません。
幸せになるためにこの地球にやってきたのです」

「貧乏な人とは、少ししかモノを持っていない人ではなく、無限

の欲があり、いくらあっても満足しない人のことだ」

 

どっかの国の政治家に読ませたいですな。

 

ちなみに彼のスピーチは絵本になっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ハイパー消費前提の発展には無理がある、という誰もが何となく

感じているが、多くの人が真剣には考えない事実。

普段から煩悩と物欲にまみれた生活をしている私もそうです。

 

何ができるのか、少し考えてみようと思います。

 

——————————————————————————————————-

今回の1曲

2ndセットオープニング

Just a littel bit

 

2019年8月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

カテゴリー