総務課 I です。II とか III はいません。

安全地帯は XIV 。最近 XII から XIV を買い足してアルバムコンプリート。でも忙しくてCDのラッピングのフィルムも剥がしてない。

ヒップホップといえばキャップ帽を逆さにかぶって腰パンで「チェケラ!」とか言ってそうなイメージがありますが、そんな偏見に満ち満ちた人にもお勧めしたいのがこちら。

「IN YA MELLOW TONE 10」

たまたま入ったヴィレッジヴァンガードで流していたのを聞いて「ええやん」とか言いながら、帰ってから Amazon で注文。←いやその場で買えよ。

ジャンル的には「Jazzy HipHop」らしいです。

コンピレーションアルバムなんですが、歌ってる人たちのことは全く知りません。曲はどれもハマーとかデカい車が垂れ流すようなベタなヒップホップではなく、もうちょっと落ち着いた感じで聞けるやつばかりです。この辺が「Jazzy」なんでしょうが、よくわかりません。最初の1曲目が良くて、あとはちょっと尻すぼみ感はあります。僕は音楽の才能が無いのでうまく表現できませんが、Amazon のサイトで全曲ちょっとづつ試聴できるんで興味のある人は聴いてみて下さい。

BGM用ですね。デートでトライブするにはいいかもしれません。アテがあるならば!

ちなみにCD本体は最初の1回 iTunes で吸い出したっきりほっぽらかしてあります。この CD 自体パッケージが簡素なので触れる必要もないんですがね。

ダウンロード販売でも良かったんですが何となくさみしいし、ビットレートも 256kbps 固定(Amazon)なので CD で買ってしまいました。典型的日本人。海外ではもうかなりダウンロード販売へシフトしているらしいですね。

それでも日本でもCDはあんまり売れてないらしい。CD付握手券 握手券付CD を除いては。

ところで、AKB48とか乃木坂46のメンバーって区別がつかないですよね?

20年以上前、当時中学~高校生だった僕は「おにゃんこクラブ」のメンバーの区別がつかずに周りの話についていけませんでした。そんな苦い過去を忘れさせてくれる素敵な音楽を紹介させて頂きました。

次回をお楽しみに。

 

 

 

 

2019年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

カテゴリー