総務Iです。そろそろ世紀末救世主と呼ばれても良い頃では。

 

先日長浜の「海洋堂フィギュアミュージアム」に行った際に

お土産として「骸骨アメリカ兵」をガチャってきた訳ですが、そのまま飾って

おいてもちょっと寂しい&細かいパーツが無くなりそうなので、ちゃんと

フィギュアケースに入れることにしました。

で、せっかくなのでジオラマっぽく飾ってしまいます。

撮影のためカバーを取っ払ってますが、ダイソーのフィギュアケース(¥400)に

直接ジオラマを作ってしまいました。そのままカバーをかぶせて保管できます。

(1) 地面


ダイソーの「木粉ねんど」を貼り付けて模型用の水性アクリル塗料で塗装。

地面に見えるといえば見えるし、マズそうなハンバーグに見えなくもない。

(2) 木箱

元はセリアの「アイスの棒」。かすれた感じも塗装です。

(3) ドラム缶

元はトイレットペーパーの芯と古ハガキ。それだけだといかにもな仕上がりに

なってしまうので、模型用パテをラッカーで緩めて塗ることで貼り合わせの

段差を鈍らせ、全体をやっぱり模型用のサフェイサーで塗装してから色付け。

サビと汚れも塗装で再現すればそれっぽい。

(4) 小技

タバコは爪楊枝から削り出し。せいぜい身長 10cm のフィギュアなので

その細かさは察して下さい。口から脱落しないように実は口の中の部分は

少し太くしてあります。削り出しは感触でどうにかなるんですが塗装がもう

老眼の為困難。竹串の先にねり消しで固定して塗料ビンにどぶ付け塗装。

 

安価&適当にやった割にはそれなりに満足。

普段はケースのフタをしておいて、たまにフタを外して眺めたりしてます。

 

 

 

2018年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

カテゴリー