先日、大阪なんばに用事があり訪れた際

通りがかった、えびす橋に人だかりがあり

インカム付けたスタッフに”何?”

“BiSHのライブです”

“BiSH ?”

ウィキによると

楽器を持たないパンクバンド女性アイドルグループ

と言う事です。

 

毎週末、道頓堀では船上ライブの催しがあり

今週は”BiSH”らしく

“普段はもっとマイナーな出演者だが今回はメジャーな方です”

と言われても私の枠にはない… そんな品管-Sです。

 

確かに多くの人だかりで見る価値ありかな?とおもい

開始時間まで道頓堀ボードウォークを散策

 

いざ始まると一斉に怒号が

合いの手と言うのですか?

コールと言うのですか?

声帯がブチ切れそうな声出し!

でいて一体感のある、あれですね。

 

今、私が行くライブは歌詞を一緒に歌うアーティストばかりなので

新鮮でした。やっぱりライブは心が躍っていいです!

過去に遡ると”おニャン子”以来の体感(ライブ)でした。

青春を感じる1ページでした。

 

 

さて最近、奈良に行ってます。

 

秋、それば室内プールの季節

奈良健康ランド! 訳して、・・・

何て言うんでしょうね?

 

昭和命名の施設の多くは

カタカナやアルファベットに改名しているのに

未だに頑なな、奈良健康ランド!

でも館内はただの健康ランドではない。

室内レジャープール、キッズランドがあり

幼児や低学年にはもってこい、な場所。

バブルプール

もちろん温泉あり、お食事処ありで

まさに大人から子供までが楽しめる施設です。

現代にマッチした進化をしてます。

 

また吉本新喜劇も見れます。

しかも花月に行くより安いです。

 

場所は天理なので京都からは少し遠いけど

リピートできる施設です。

 

そして次の秋、それはススキ

ここもまた京都からは遠いのですが曽爾高原。

本当の行った目的はススキではなく

バンガローで1泊のBBQで訪れました。

ダッチオーブンで焼いたパンが最高にうっまい――!

散策道の両側に背丈以上のススキ

景色を見ながら1時間程度です。

また途中には本格的なアスレチックもあり

大人でも運動神経に自信がない人は

周りを笑わす事ができます。

こちらもコンプリートするのに30分から1時間。

 

麓には温泉施設もあり

2日間、十分楽しむスケジュールが組めます。

 

 

そして次の秋、それは素麺

素麺と言えば”夏”を連想させますが

本来、通年の食べ物らしいです。(秋ちゃうやん)

なので素麺発祥の地の三輪素麺は普及させるため

さまざまな素麺がメニューにありました。

シンプルな食材なので何でもいけそうです。

 

私が注文(そして後悔)したもの

それは、素麺やきそば。

味は美味しかったし、量もあったし満足でしたが

よくよく考えると沖縄のソーメンチャンプルーと

一緒?これ食べるならもっと違うメニューが

よかったな。という後悔でした。

 

今回、お店を訪れたおかげで

なぜ通年の食材なのに

日本全国、夏に冷たく冷やした素麺を

麺つゆで食べるのか、納得しました。

 

こちらも桜井市なので遠いな~。

 

そんなこんなで1ヶ月の間に2回も行きました。

次に行く確実な予定もありますが来年の夏の橿原です。

 

 

2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

カテゴリー