皆さんこんにちは。

開発Oです。

 

ちょっとネタ不足ですので、個人的にお気に入りの本を紹介しようと思います。

シリーズ化できるほどのキャパは無いので、これっきりになるかもですが。。

 

まずは、これ。

北方謙三 「挑戦シリーズ」全5巻。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

南米の真っ白な地図をいつか自分で歩いて埋めてみたい、というぼんやりとした

夢を持つ青年が、アルバイト先の中小企業が大手企業を敵に回して立ち回る事に

巻き込まれていくという1巻、その数年後グリーンベレーにゲリラ戦術を叩きこ

まれて青年が帰国する2巻、南米ペルーに渡ってからの出来事をまとめた3巻、

その南米ペルーに主人公を殺しにやってくる日本人傭兵との絡みを描いた4巻、

親しい人達と別れ、一人カナダの山奥で暮らす主人公に日本人少年が駆け込むと

ころから話が広がる5巻、というハードボイルド小説です。

 

読んだのは25歳くらいの頃で主人公と年齢が近い時でした。

※20数年前ですね。

 

この5巻を通じて登場する人物に警視庁捜査一課の名物警部がいます。

無意識に老犬トレーという歌を口笛で吹く癖のある、「老いぼれ犬」という

あだ名の老刑事です。

 

実はこの時代に北方謙三が書いた作品は、各主人公が同じ作品世界に存在し

ている設定になっている事が多いのですが、それらをつなぐ役目をしている

のがこの刑事で、10作品位に登場するキャラです。

あまりにキャラが立っているので、最終的にはこの刑事の半生を描いた3部作

が書かれました。

これ。

 

 

 

 

 

 

激動の少年時代の1巻、刑事になり少年時代の盟友と再会する2巻、その息子と対峙

する3巻、という内容です。

なぜ、老犬トレーを口笛で吹く癖がついたのか、など背景がすべて判明し、ますます

このキャラクターに惹かれるようになること間違いなし。

 

ハードボイルド好きなあなた、古いですがまだアマゾンでは購入可能なのでぜひご一読を。

 

 

 

2017年8月
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

カテゴリー