皆さんこんにちは。

最近腰を痛めてしまいました。。。

絶好のゴルフシーズンで、実際に予定も目白押しなのに

たいへん憂鬱な開発Oです。

 

本日は連載シリーズ第5話です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

日本人向ミニコミ誌などを通じて参加募集などをした事もあり

その後続々と参加者が増え、

ブルースバンド

ロックバンド×2

ジャズバンド

JPOPS(懐メロ系)バンド

というバンド数になり、人数も30名近くになりました。

 

2回目の催しをやろうという盛り上りの中、一度参加者全員で

食事でもしながら企画を練ろうという事になり、とある週末に

KL近郊のレストランの大きな部屋を借りて、初回のミーティング

が行われました。

 

その冒頭に、せっかくこれだけのメンツが揃っているので正式に

団体名を名乗ろう、という意見があり、結果

Japanese Amateur Musicians Association of Malaysia

略して

 

JAMAM(ジャマム)

 

と決まりました。

代表者はその人柄から満場一致で、ドラマーのSさんに決まり。

その後会場の選択、各バンドの演奏時間・順序・役割分担や

コントリビューション(ラッキードローの景品集め)どうするか

などを決めていきました。

 

会場は、KLど真ん中に位置する4つ星ホテルのプールサイドを

借り切って、ビュッフェスタイルの食事。ドレスコードは「花」。

 

会場のパークロイヤルホテルスカイプールがこれです。

奥の枠部の奥にステージがあります。

 

 

あとは、各バンドが本番に向けて構成打合せや練習を重ね

パーティーの宣伝も、チラシを配ったり日本人向メディアに

掲載したり、皆さんがいろいろ動いてチケットはどんどん

売れて、、、、ってうそうそ、実際は参加者が買い取って

知り合いを招待していたのも多かったのではないかと。。

 

景品の方も、皆さんそれぞれの仕事や趣味の関係を通じて

丁寧なお願いと宣伝の約束をして集めた好意の品がどんどん

集まっていきました。

 

後に大きな日本人コミュニティ(よりパブリックな団体)が

イベント用に、半ば脅迫まがいの景品集めをして問題視され

ていましたが我々はそんな事してません(笑)

 

うちの奥さんも近所の奥さんと花の模様の入ったワンピースを

しつらえて準備完璧。

私もBlues Brothersよろしくブラックスーツにブラックタイを

伊勢丹KLCCで新調!

フロントマン2名はこれで揃えました。

 

 

 

そしてあっという間に当日。

お客さんは皆さん思い思いの思い切ったおめかしをして

どんどん集まってきます。なかなか普段、機会がないの

で皆さんそれ自体が楽しそう!

子供たちもたくさん来てくれました。

 

18:00くらいからいよいよスタート。

子牛の丸焼き初め豪華な料理が運ばれ、まずは食事!

 

食事が行き渡った頃から、比較的静かな音楽から演奏開始。

 

我々は最後から2番目の演奏なので2時間近く待ち。

緊張が途切れずきついがな(笑)

 

途中、当地の№1プロギタリストがJAZZバンドに乱入し

その華麗な演奏と美声を披露、まさにプロです。

大いに盛り上げてくれました。

 

そしていよいよ我々の番。

I Can’t Turn You Looseのイントロにのってボーカル二人が

入場。間髪入れず、Bluesを2曲。

ここで私が大失態。

構成を間違えてしまいました。皆さんのアドリブで事なきを

得ましたが、ビデオには横でギターを弾いているリーダーに

裏拳でどつかれている様子が残りました(笑)

 

そして最後の曲前に少しMC。

ピアノ担当の奥さんとそのお姉さんがコーラスで、JAZZバンド

のドラマーがティンバレスでゲスト参加してくれるのでこれを

呼びこんで最終曲!

 

たいへん盛り上がって、トリのRC&永ちゃんバンドにバトンタッチ。

ここでますます最高に盛上って演奏全体が終了。

 

最後にラッキードローをやって終わったのが22:00

超えてたと思います。

 

大きなトラブルもなく大成功に終わりました。

 

人前で演奏する楽しさ、楽しんでいる人達を見る嬉しさを

全身で感じた一夜でございました。

 

以降我々の独立した活動もスタートしていく事になります。

 

第6話に続く

 

 

 

 

 

 

2018年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

カテゴリー