» 映画、ドラマのブログ記事

こんにちは、営業のIです。

 

この前、翔んで埼玉と言う映画を観てきました。

元々は漫画が原作なのですが、この作者の独特な世界観が好きで、

パタリロと言う漫画を一時期読んでいました。

 

んで、同じ作者の漫画が映画化との事なので、これは観ておかないと

となり、観て来ました。

 

あらすじとしては、架空世界の日本で東京都民から埼玉県人が

差別されており、それに立ち向かう話しです。

 

原作はこんな感じです

 

←埼玉から東京に入るには関所があったり、

都内での移動が制限されたり、

 

 

 

 

 

 

 

←密入国(都?)者は百叩きの上で強制送還されます

 

 

 

 

 

 

 

 

 

散々な弄り方ですが、映画は最後は埼玉愛を説くストーリーであり、

なかなか面白かったです。

 

たまには変わった映画を観たいなぁって人にお勧めです。

 

 

それでは~

 

 

こんにちは!
総務Aです。

先日、久々に映画を観に行ってきました。

普段はレンタルショップで借りるか、テレビで放送されるのを待つ派ですが、

今回は乗せられて観に行ってきました。

 

という事で、今回観てきたのがこちら!

コード・ブルーです。

 

ドラマがシリーズ化され何度か放送されていましたが実は1度もちゃんと観たことがなく、

今回の映画が初めてでした。

救命のドラマって事と主要キャストの方ぐらいしか知らない状態です。

観るのが食後でもあったので

上映中に寝てしまう自信しか無かったのですが、

「ドラマ自体面白かったし、寝てる暇もない」との事。

・・・本当でしょうか?

 

 

観た感想として、映画は確かに面白かったです!

(救命関係の内容に”面白い”という表現はどうかと思いますが・・・)

ドラマの内容を全然知らない私でもつい見入ってしまいました。

シリアスな場面・少しコミカルな場面・感動する場面など

あっという間でした!

確かに寝ている暇はなかったです。

ちなみに誘ってきた張本人は普通に寝ていました(笑)

 

映画自体、場所によっては

まだ上映している所もあるみたいなので

気になる方は是非行ってみて下さい。

こんにちは。

営業Uです。

 

今、話題の映画2本観てきました。

 

『シェイプ オブ ウォーター』

アカデミー賞を獲得した映画です。

 

予告編を観て、すごく惹かれました。

私が観た予告編は初期の予告編なのでホラー風?の予告でした。

映画を観る直前に改めて予告編を観ると純愛をやたら謳っていました。

恋愛物の映画をほぼ見ない私としてはえ?!となりましたが

楽しく観る事ができました。

ただアカデミー賞と聞いてから観るとハードルが上がる気がします。

話す事ができない主人公、黒人、同性愛者。

その当時、声を出す事ができない人々が描かれています。

 

 

『グレイテスト・ショーマン』

 

ミュージカル映画です。

ミュージカル映画はそんな好きではないのですが、予告編に惹かれて

観ました。

 

とにかく歌が上手いのと歌がいい!

そして歌の演出がとてもかっこよくライブを観ているかのようでした。

そこまで悲しい映画ではないのですが、なんでだろ。

三、四回泣いてしまいました。

とにかくすごくいい映画でした。

 

シェイプ オブ ウォーター は暗いお家でしんみりと観て

グレイテスト・ショーマン  は映画館で観る がおススメです。

 

 

こんにちは

営業のKです。

 

本日お勧めする海外ドラマは「プリズンブレイク」です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらの作品は、海外ドラマ人気のきっかけになった作品の一つということもあり

多くの人が既に見ているかと思いますが、見ていない人の為に簡単に説明したいと

思います。

 

あらすじ

主人公マイケルの兄リンカーンが、濡れ衣を着せられて大統領の弟殺害の犯人として捕まる

所から始まります。マイケルは兄リンカーンの無実を信じ、兄を脱獄させるべく自らも

投獄されます。マイケルは兄を助け出し、無事脱獄することは出来るのか!?

 

一言でまとめると、脳みそ筋肉な兄の無実を晴らすべく頭脳明晰な弟が一肌脱ぐ話です。

クセの強いキャラもたくさん出てきてすぐにはまると思いますので、ぜひ見てくださいね!

(僕のお気に入りはベリックです)

つい先日、業務Fさんからの不意のキラーパスで

自分でもびっくりするくらいの苦笑いをしてしまいました。

営業Uです。

 

 

ついに公開されますね。

12/18(金)

『STAR WARS フォースの覚醒 』

私はスターウォーズファンなのでとても楽しみにしていました。

ストーリーが好きと言うよりはキャラクターが好きです。

と言うか、R2-D2が好きです。

 

そうです。金ピカのロボの隣にいる青い小さいロボです。

映画公開を記念して色々グッヅでていますね。

飛行機も出てます。

 

 

R2-D2が好きで様々なグッヅを持っています。

少し見せびらかしますのでお付き合い下さい。

まずはR2-D2スピーカー

これでスター・ウォーズのテーマ曲を流すとテンション上がります。

まあ音悪いから聞きませんけどね。

 

 

 

続いてはベアブリックとスター・ウォーズとのコラボ品です。

女子から「かわいいー」と言われる事を想定して導入。

言われた事ないですけど・・・

 

 

これはかなりのお気に入りでレゴで作られたR2-D2です。

ピース数も2127個と割と多め。

サイズも31×18とまあまあ大きいです。

大人価格だったので、首やら足やらいっぱい動くし

色々飛び出してきます。

 

パンソンワークとのコラボ

エピソードⅠの面々。

 

 

その他にも

スマホケースとかイヤホンジャックとかスマホの待受けとか、スマホケースとかあります。

 

 

 

最後は我が家のダークサイドをご紹介します。

 

見た目かわいいチワワですが、ダースベイダー並みに怖いです。

そしてダースモールみたいな怖い顔でアキレスけんの付け根を噛んできます。

まず足を痛めつけ、逃げられなくして食べるつもりなんでしょうか。

チューバッカも恐れるくらいの唸り声で襲ってきます。

 

とりあえず公開楽しみだーーーーーーー

 

 

 

 

こんにちは、上田メッキ開発Uです。

以前、ブログで紹介した私の大好きな『glee』について。

 

以前紹介したときはまだ見始めたばかりでしたが、既にDVDでレンタルされている分は全て見ました。

現状、レンタルされているのはシーズン1~シーズン5まで、シーズン毎におよそ22話あり、

1話が約45分なので、、、夜な夜な見ていました。

 

以前、「ドラマの最大の魅力は歌とダンス」と言いましたが、それはその通りで、やはりパフォーマンスが素晴らしい。

TSUTAYAで貸出されているgleeのアルバムはすべてレンタルしました。

シングルで出されている曲はアルバムには収録されておらず、iTunesで購入するしかないので

ひとまず我慢しています。

アルバムだけでもシーズン5までで約300曲あります。

iPodをランダムで再生すると3曲に1曲はglee、つまり3曲に1曲はスマイル。

笑顔になれます。

 

そんなgleeは、ただただ歌って踊っているだけの単なる青春ドラマではく、アメリカにおける様々な社会問題をテーマに掲げています。

人種差別、薬物依存、身体障害、同性愛、アルコール依存、未成年の妊娠etc。

 

このドラマでの主要人物であるフィン役を演じていたコリー・モンティスは、社会問題となっている薬物依存で

リハビリを受けていましたが、飲酒とドラッグにより、31歳という若さでgleeが完結する前にこの世を去りました。

コリーは、素直で朴訥とした人柄で優しく、多くの人に愛されていました。

この事実を知ったとき、私もたいへん衝撃を受けました。

 

gleeの中心的存在であるレイチェル役を演じていたリア・ミシェルは役中でもプライベートでも

コリーと交際しており結婚間近でした。

そんな中でのコリーの死に、リアは一体どんな思いだったか、、、。

gleeのスタッフ、キャスト全員でコリーの死の悲しみを押し殺し、コリーと私たちファンの為にドラマ撮影は続きました。

そこには、大切な人との突然の別れ、悲しみ、がリアルに描かれています。

 コリーとリア

 

 

少ししんみりしてしまいましたが、視聴者を前向きな気持ちにしてくれる本当にいいドラマです。

私は今DVD購入を検討中です。

こんにちわ。
上田メッキ営業のWです。

先日、5歳の娘と映画を観に行ってきました。

開発課Yさんのような事前の緻密なデートプランは全くなし。

家内に休息日を与えるという事も兼ねて、休日の朝に思い立って映画でも行こかってノリです。

2人で映画館に出かけるのは初めてですのでちょっとしたデート感覚でうれしい反面、

最近早くも反抗期に突入しておりますので一抹の不安も抱えながら出かけました。

観に行った映画はこちら

 

ベイマックス

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

内容はご存知かと思いますが、兄を失った少年ヒロと、その兄が作ったケアロボットのベイマックス

を描くディズニーアニメ映画です。

恐らく宣伝のポスター等だけで判断すると、心温まるヒューマンドラマかと思いますが内容は

バリバリのロボットヒーローアクション映画でした(もちろん、ヒューマンドラマ要素もあります)。

どうやら原作はスパイダーマン、アイアンマン等で有名なマーベルコミックの『BIG HERO 6』

との事です(ベイマックスの原題も『BIG HERO 6』です)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

主人公の名前(ヒロ・ハマダ)、舞台はサンフランシスコと東京が合体したサンフランソウキョウという事

からもわかるように日本を大きく意識した世界となっています。

個人的には、今までのハリウッド映画の歴史でも最もリアルな日本を表現していると思います。
(例:軽自動車(と思われる)でのカーチェイス、日本語の看板、街並み等々)


内容に関しては言うまでもありませんがディズニー映画ですので子供はもちろん、大人でも存分に楽しめました
(隣の子連れのお父さんはイビキをかきながら爆睡していましたが)。

うちの娘も大喜びで、大きな声でゲラゲラ笑って楽しんでいました。

こう見えてもいつも娘には厳しく叱ってしまうタイプなんですが、その日だけはわがままを聞いてあげました。

*ポップコーン食べたい→買ってやった

*ベイマックスの本を買ってほしい→買ってやった

*ゲームセンターの遊具で遊びたい→遊ばせてやった

*映画の座席に座るなり、お腹が痛い、帰りたいと泣き出した→ポップコーンでごまかした

その他色々と小競り合いをしならがもまあ無事に映画も観終わり娘と手をつないで帰宅する途中、

今日みたいな日を村上春樹の言葉を借りると、『小確幸』 な1日と言うんだなあとしみじみ思いました。

『小確幸』→小さいけど、確実なる、幸せ

みなさんの『小確幸』はどんな事でしょうか?ラーメン?抹茶スイーツ?お菓子作り?PCいじり?

最後に、ベイマックスですがどう見ても弊社営業Yさんにしか見えませんでした(爆)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そういえばYさんが予告していた映画『インターステラー』の感想、どうなったのかなあ(棒)

 

 

残すところあと1ヶ月で今年も終わりとなりました。

良い年の瀬をおくれる様、残りも頑張っていきましょう! 

 

こんにちわ。

上田メッキ 営業のYです。

何度かアップしております京都桂川イオンモールのグランドオープンより早やひと月以上たちました。

そろそろ行ってみようと最近思っておるのですが、買い物と言っても服などには全く興味のない人間ですし

土日は人が多い、よくよく考えると行く目的が無い。

 

いろいろ考えた結果、やはり映画を見るしかないと言う結論になる訳です。

12スクリーンあるシネコンが入っており何やらD-BOX席なるものも有るようで

簡単に言うと映画のシーンに連動して座席が動くらしい、どの程度動くのかわかりませんが興味は有ります。

上映スケジュールを調べたところ、ちょうど見に行きたかった作品がD-BOX席のあるスクリーンにて上映中!

その作品はこちら     ドン !

  

  『 インター ステラー 』

  「ダークナイト」「インセプション」のクリストファー・ノーラン

  監督によるオリジナル作品。

  世界的な飢饉や地球環境の変化によって人類の滅亡が迫る近未来を

  舞台に、家族や人類の未来を守るため、未知の宇宙へと旅立っていく

  元エンジニアの男の姿を描いた作品。

 

 

 

 

3時間にもおよぶ大作でネットでの評判がかなり高く、SF作品なのでD-BOX席も堪能できる予感。

しかしD-BOX席は通常料金+1,000円となかなかの高額です。

 

よし決めた!

重い腰 (重い体?) をあげてそろそろ行ってみる事にします。

感想はまたこのブログにアップしたいと思います。

 

今年も残り2ヵ月ちょっとになってきました。

一年経つのが本当に早です。

話は変わりますが、桂川イオンがオープンし案の定、近所の道は渋滞しています。

ホント、勘弁してほしい。       

ちなみにまだ行っていません。

 

こんにちわ     上田メッキ  営業のYです。

みなさん大河ドラマはご覧になっているでしょうか?

『 軍師 官兵衛 』

 

   戦国時代の武将で豊臣秀吉の軍師で有った事と名前ぐらいしか知りませんでしたが

   なかなか面白いし最初から欠かさず見ています。

   改めて黒田官兵衛をウィキペディアで調べてみたりと少しはためになっている様

    な気もします。

 

全50回ですので10/26放送分を入れて残り8回で終わりです。

話的には秀吉の死去もいよいよ近くなり、天下分け目の関ヶ原と続きクライマックスとなるのでしょう。

 

やはり大河ドラマは戦国時代か幕末の話が面白い。

これは個人的な意見ですが戦国または幕末の話であっても女性が主人公の作品はいまいちの様な気がします。

『 江 』 しかり 視聴率が良かった 『 篤姫 』 も最初は見ていましたがなんか物足りず途中で見るのをやめてし

まいました。

来年の作品は 『 花燃ゆ 』  吉田松陰の末妹の話だそうで主演は井上真央です。 (一応、幕末ではあります)

これも途中でリタイアしそうな匂いが今からプンプンしています。

 

若い頃は大河ドラマなんか興味もなく見た事もなかったのですが、年をとったせいなのか

毎年楽しみに見ています。

残り8回、最後まで堪能したいと思います。 

 

 

遂に今月の17日、京都桂川イオンモールがオープンします。

でもまあ~   焦らず少し様子を見てから行きたいと思います。

 

こんいちわ。

営業のYです。

みなさんはレンタルDVDをどれくらいの頻度で利用されているのでしょうか?

わたしは週一ぐらいの頻度で利用しております。 (借りたいDVDがなくそのまま帰る時もありますが・・・)

やはり 『 TSUTAYA 』 を利用される方が多いのでしょうか?

わたしはもっぱら近所の 『 ゲオ 』 です。

 

今回は最近見た邦画編としてご紹介させて頂きたいと思います。

こう言う内容を投稿していくとわたしの趣味やセンスのなさが浮き彫りにされていく様で

あまり気のりしませんが背に腹はかえられないので一旦置いておきます。

 

それでは少し前の作品となりますがご紹介作品はこちら

ドン!

『 凶悪 』

ある日、ジャーナリストの藤井(山田孝之)は、死刑囚の須藤(ピエール瀧)が書いた手紙を持って刑務所に面会に訪れる。

須藤の話の内容は、自らの余罪を告白すると同時に、仲間内では先生と呼ばれていた全ての事件の首謀者である男(リリー・フランキー)の罪を告発する衝撃的なものだった。

藤井は上司の忠告も無視して事件にのめり込み始め……。

 

これは実際にあった『 上申書殺人事件 』 を映画化した作品である。

 

ストーリーや映像がなかなかハードな内容となっているので開発のOさん好みではないかと思います。

是非一度、鑑賞してみてください。

この場をかりておすすめします。

 

ただし期待外れでも苦情及びレンタル料の返金等に関しては一切 受け付けませんので

そこの所 よろしく 。

 

こんにちは、開発Uです。

一人暮らしをはじめて2ヶ月が経ち、生活にもだいぶ慣れました。

最近、簡単料理アイテム「ルクエ」を購入しました。

シリコン製の容器で、中に食材を入れレンジでチンするやつです。

 

こんな感じになりました。

もやしと豚肉

このごまだれが実は絶品なんです。

朝紫のごまだれに七味とラー油を入れたら無敵です。

 

他にも

サーモン、たまねぎ、ニンジン(隠れてます)

 

私の手にかかり、こうなりました。

オリーブオイル、ねぎ、マヨネーズ(プチマヨラーなので多めに)

ご飯がススムくんでした。

これから ルクエ料理をもっと楽しみたいと思います。

 

 

話は変わって、一人暮らしをした人は海外ドラマにハマるとよく聞きますが、私もその一人です。

私がハマったのは、「glee」です。

大学時代の友人に「お前glee好きやから見てみ」と言われ、第一話をレンタルしてみました。

見てみたら開始5分でハマりました。

さすが、私の好みがよくわかっていますね。

gleeは、アメリカのオハイオ州の田舎町にあるマッキンリー高校で、廃部寸前だったグリークラブ(合唱部)に

かつての栄光を取り戻すべく、熱血教師が立ち上がるところから始まります。

ドラマ最大の魅力は歌とダンス。1930~90年代の曲、最新のヒットソングなど選曲、アレンジが絶妙で

音楽好きの私には堪りませんし、それにマッチしたダンスも最高。素晴らしいミュージカルです。

どれくらい素晴らしいかと言いますと、無意識のうちに自分もちょっと踊ってしまっているくらい素晴らしいです。

私の好きなブルーノマーズの曲も使用されていました☆

内容も面白いしハマること間違いなしです。

 

 

 

ただ、今は試験を控えているので、dance timeはおあずけです(;ω;)

夏も本格的になってきて寝苦しい夜が増えてきましたが、

みなさん如何お過ごしでしょうか?

 

他の社員のブログを見ていると食に関するネタが多いですね。

わたしも食レポしたいのですが、食べるのに夢中になりすぎてお店や料理の写真を撮るのを

いつも忘れてしまいます。

ちなみに前日にアップされているKWさん紹介のお店には私も同伴しており

いつもの如くディスられながら写真も撮らず、ひたすら豚の生レバー2人前にがっついておりました。

 

こんにちわ。

営業のYです。

と言う事で食に関するブログネタもありませんので、今回は困った時の映画ネタです。

 

今回の映画はこれ ・・・・・ ドドン! (まだ上映中です。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

原作も読んでおらず予備知識ゼロで、監督が 『嫌われ松子の一生 』 『告白』 などを

手掛けた中島哲也と言うだけで見に行ってしまいました。

 

感想を一言でいうと、バイオレンスそしてグロい。

キャッチコピーが  愛する娘は、バケモノでした。

 あなたの理性をぶっ飛ばす劇薬エンタテインメント!!

R15指定になっていますが、中高生を子どもに持つ親が見ればR18指定でもよいと思うでしょう。

内容についてはこれから見ようと考えている方々もおられるでしょうし伏せておきます。

ただ女性にはあまりお勧めしません。  (グロいのが平気で有れば別ですが ・・・・・)

ネットなどの感想を見ても賛否両論の様ですので、これから見に行こうと考えておられる方は

ある程度の予備知識を入れてからご覧になった方が賢明かと思います。

まぁ~ 私はこの手の映画が嫌いではないので飽きずに見る事は出来ました。

 

今回はこの映画ネタで何とか逃げ切りとさせて頂きます。

次回はわたしも食レポにチャレンジしようと考えています。

先ずは食欲を抑え込み写真を撮り忘れない様に努力せなば ・・・・・。

 

 

こんにちは、開発Uです。

 

私はよく映画を見るのですが、昔から好きなアクションスターがいます。

皆さんそれぞれに「アクションスターと言えばこの人!」という人がいると思いますが、私はやはりジャッキー・チェンです!

私が始めてジャッキー映画を見たのは小学校3年生の時、日曜洋画劇場でやっていた『プロジェクトA』です。

時計台から落ちるシーンは有名ですよね。

あの時、「こんなにエキサイティングな映画があるのか!」と体中に衝撃が走ったことを覚えています。

録画してあったので、翌日は学校からダッシュで帰り、繰り返し何度も見ていました。

 

それから、現在に至るまで数多くの作品を見てきました。

そして、先月、ジャッキーの最新映画『ポリス・ストーリー/レジェンド』が公開されたので見に行ってきました。

『ポリス・ストーリー』シリーズは有名なので皆さんもご存知かと思います。

本作品はシリーズ6作目ですが、過去作品と内容的に関連は無いので、本作品のみ見ても楽しめます。

あらすじ等はこちらをご覧ください。

http://www.policestory-legend.com/ 『ポリス・ストーリー/レジェンド』公式サイト

 

ジャッキーは60歳になり、昔ほどのアクションは見れませんでしたが、それでも迫力のあるアクションと

サスペンス的な要素も含んでおり満足でした。

 

 

ジャッキーはアクションのみならず、自分の映画の主題歌もよく歌います。

私のiPodにも入っている『プロジェクトA』『ポリス・ストーリー』の主題歌はみなさんの耳にも馴染みのある曲かと思います。

そして、本作品で歌っている歌は、今までのジャッキーの歌の中でも上位に食い込んでくる名曲でした。

ジャッキーの素敵な歌声が映画をより一層引き立ててくれていました。

Fast Version、Slow Versionの2パターンあります。

iPodの曲が2曲増えましたね…( ̄ー ̄)

 

ということで、私もジャッキーのように動けて歌える60歳目指して筋トレ継続中です。

ちなみに私の一番お気に入りのジャッキー映画は『酔拳2』です。

ジャッキー映画、是非ご覧ください!!

こんにちわ

営業のYです。

先日、レンタルにて  『舟を編む』  を借りて来ました。

原作が本屋大賞受賞作という事もあり、前々から気にはなっていたのですが、

どうしても映画館で見たいというほどでもなく、レンタルが開始されてからも

なかなか借りる気にもなれず・・・・・

そこにこのタイミングでアカデミー賞 作品賞を受賞、これは借りて見るしかないと思いレンタルショップへ。

アカデミー賞効果は大きくアカデミー賞受賞の看板付きで一番目立つ、新作の棚に置かれ全てレンタル中。

昨年の11月レンタル開始だった為、一週間レンタル対象品になっているからかなかな帰ってこない。

数回目でやっとゲットできました。

すごく感情が揺さぶられたり、涙を流したり…そういったことはありませんが、見終わったときに

ほっと心が温かくなりました。

この作品の一番素敵なところは、登場人物が皆個性豊かで魅力的なところです。

企画から完成、辞書が出来上がるまで、実に十数年。

言葉を収集し、意味を調べ、校正を重ね、かつオリジナリティも出す。気の遠くなるような作業。

そのなかで幾つものドラマも生まれる。

作品賞を受賞しただけの事はあると思います。

 

 

 

 

こんにちは。

上田鍍金、開発のUです。

最近小説を読みました。

タイトルは『白ゆき姫殺人事件』。

著者は、『告白』『北のカナリアたち』など映画化が話題となっている人気作家の湊かなえさんです。

『白ゆき姫殺人事件』も2014年3月29日に映画公開します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

内容は、『白ゆき』という石鹸が大ヒットした化粧品会社に勤める美人OLが刃物で何度も刺され、

火をつけて殺されます。

事件直後、同僚の地味な女性が嘘をつき会社を休み、姿を消してしまいます。容疑者となった同僚の女性、

事件についてフリーライターが聞き取りを行なっていくという話です。

聞き取りでの情報、ネット上に上がってくる情報の不正確さや人々の話の盛り具合など、

意識的にか無意識的にか、半分真実で半分嘘のような情報がたくさん飛び交っており、

すごくリアルに書かれていると思いました。

また、自分が周りからどのように思われているのかと考えてしまいました。

おそらく、違った解釈のされ方をしていることも多々あり、客観的に自分を見てみることも大事だと感じました。

小説を読んでとても良かったので、映画も是非見に行きたいと思っています。

因みに、映画のキャストは井上真央、綾野剛などの実力派です。

先日の3連休最終日、嫌がる次男を連れて無理やり映画を見に行った

営業のYです。

3連休の最終日とあってシネコンはかなり込み合っていました。

どうやらみなさんのお目当ては 『アナと雪の女王』 だった様であり

私たちが見た映画は半数ほど空席状態でした。

 

タイトルは 『ローン・サバイバー』

 

 

本作は2005年、アメリカ軍によるアルカイダ殲滅作戦の中で

実際にあった話を元に映画化されている。

ネイビーシールズ史上最悪の惨事と呼ばれる 『レッドウイング作戦』 唯一生還したのは1名。

タリバン幹部の居場所を偵察しに行ったネイビーシールズの4名が、

有る判断を下したことで、完全に孤立し、タリバン兵200名と戦闘になってしまうという話。

4人に向け銃弾、ランチャーの雨が降り注ぐ。

追い込まれた先には岩肌の絶壁が待ち受け、転がり落ちるしか道がない。

絶壁から転がり落ちるシーンは見ているこちらにも痛みが伝わってきそうなほどの迫力。

あまり詳しく話してしまうと、これから見に行こうと考えている方にはネタバレとなりますので

このくらいにしておきます。

わたし好みの映画であった事も有り、最後まで飽きる事無く鑑賞できました。

 

無理やり連れて行った次男は家に帰っても文句タラタラだった事は言うまでもありません。

 

 

 

 

 

こんにちは。

開発のUです。

先週末、映画を見に行きました。

タイトルはゼログラビティ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

宇宙空間を舞台にした映画で、サンドラ・ブロックとジョージ・クルーニーが共演しています。

宇宙船外で任務を遂行していた彼女らに、アクシデントが襲い掛かります。

普段味わうことのない恐怖と絶望に

私も何度か呼吸することを忘れていました。

そんな中で諦めないことや生きることの意味、素晴らしさを

描いた作品でした。

ジョージ・クルーニーがとてもいい役でした。

私は、時間の都合上2Dで見ました。

十分迫力もあり宇宙空間に引き込まれましたが、

別の日に3Dで見ればよかったと後悔しています。

それぐらい映像に迫力があります!

ぜひ、みなさんもご覧になってください。

明けましておめでとうございます。

営業のYです。

年末年始は完全な寝正月となってしましましたが、

唯一の外出にて久しぶりに映画を見に行ってきました。

ドン!

原作は未読でしたが、山場は先が読めていても持っていかれました。

女性には泣くなと言う方が難しかも?

過度な演出は控えめですが、押さえる所はしっかり押さえられており

鑑賞後、グッと胸にくるものがありました。

キャストも良かったし、CGも邦画としては良い出来だと思います。

見て損はない一作。         皆様も是非!

2014年のはじまりです。皆様にとって良い年で有ります様。

 

2019年9月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

カテゴリー